2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 脱却?トミンスペシャル??いわゆる普通。。 | トップページ | 今日のトミンは、やらかしてしまった。。。へこみ »

2015年11月 1日 (日)

秋のお山でびっくらポン?リラックマびびる。

秋のお山でびっくらポン?リラックマびびる。

今日は福島の山を走り収めだな~~っと、のんびり出発。

(人によっては山を飛ばすから悪いんだ~とかいろいろ賛否要論なので気分が悪くなるかたもいると思いますので、気にしない方のみ読んでくださいね^^;)

10時ころ到着して、先々週に飛んで?谷に落ちた友人と合流、、紅葉も程よくなかなかのロケーションのなか、今年を振り返りつつおしゃべり談義花を咲かせた。。

最近は出向いてもほとんど走らないで缶コーヒー飲みながら時間を楽しむことが多い。

008
この写真は午後一番の写真だが、事故処理に来た警察車両で、リラックマが現場に到着後に後方へずらずらと止めていた。。

まるでリラックマ検挙されたような光景だ、、紅葉のなか素敵な雰囲気が台なしでもある。

010

事故が起きたのは白河から羽鳥湖に向かう道程で、写真の黄色いユニック車両がユニックの横の雑木林に落ちた4輪車を引き上げようと停車したところを後ろのシルバーの軽が反対車線に避けて通過しようとしたときに走行車線を登ってきたNSR250Rと正面衝突した。

もっとも、バイクも車も速度が出ていなかったので車両の破損は少ない。。

もっともNSR250Rはそれなりに壊れわしたけど。。

012

かっこいいロスマンズのMC28^^!貴重な車両だね。

でもなんか見た目が変だ。

006
あらら~~ホークがクランプの根元からグニャっと拝んでいる、、無残。。

ライダーは時速10数キロとはいえ車のバンパーに真正面でドスンと行ったので股間の一部が切れて流血。。

痛そうだった。。

場所が場所だけに見せてともいえんし、さすってあげる訳にもいかんし。。

003
事故処理が終わるまで、紅葉を楽しんで時間を過ごした。。

対車線に対向車両の有無も確認せずに走行したのは、ぱっとみ80前後の老夫婦のお爺さん側。。

おばあさんはしきりにバイクがスピード出しているから悪いので自分たちが速度出していなかったから、こんなもんで済んだんだ~~っと、テンション高かった。。

リラックマが、ともあれ怪我人がいるんだから、まずはどっちが悪い?はあとなのでは??っといったが、もーーバイクが悪いの一点張り。。

うってかわって、うつむき加減の運転していたお爺さん。。

たんなる憶測だけど、リラックマが老夫婦の軽自動車見たとき、そこいらじゅう傷だらけのぶつけたあとだらけの軽車両、、

これが最近問題視されている高齢者ドライバーに増えてきた認知症とかテンカンに関係する可能性もあるのだろうな~~っと、ちょっと頭をよぎった。。

じじつお爺さんは事故に対して正当性を主張す感じもなく、ものすごーーくばつの悪そうな表情だった、、。。

その後バイク屋に車両を移動してバイクの修理の打ち合わせをしつつ自己相手に保険会社に連絡してくださいと連絡したが、保険屋に連絡付かないとか緊急連絡先がわからないとか要領を得ない感じ。。

仕方がないのでバイク側の保険会社に連絡して状況を説明したら、100対0にする方向で話を進めると言っていた、そんでもって示談もいろいろ含めてきちんと謝罪させるようなことも行ったいた。。

結局、バイク側は走行車線を走行出し、ほとんど停車できるほどの速度だったわけだし、(実際軽はどこも破損はない、ちょっとタイヤの跡がある程度)なにより怪我を負っているわけなので、この場合は人身事故扱いなので先方の高齢者ドライバーはよくて免停、悪くすれば取り消しになるでしょう。。っと保険屋の話。。

山道なわけだしバイクイコール暴走車両?のイメージもあるので、胸を張って正当性を主張するわけにもいかないと思うけど、怪我人がいるだから、もう少し考えてもらいたいものであります。

002
で、も、ね、、。。。。

今日は朝の10時ころ山にいたんだけど、お昼ごろに実はもう一件救急車ざたがあった。。

下りの直線ごの右コーナーで滑って転んでガードレールに張り付いてしまった。

こちらは知り合いのライダーの友人さんで、リラックマも何度か面識のある地元ライダーさん。

残念ながらこちらの事故は右足の骨折といった重大災害になり残念な結果だった。。

道路の跡かたずけとかして今日は走るのはやめて道の駅でお茶して帰ろうか??っとキイロトリと自販機の前に陣取っていたら午後一番で車両対車両の人身事故。

先々週は山から転落ありと、ことしの秋は少しトラブルが多かった。

もっとも今年は障害が残る事故とか死亡事故とかはなかったので、それはそれでよかったと思っている。

先にも書いたが山は終了なので、11月はどっかで集まっておいしいご飯でも食べようかと思います、、あとはスキーシーズンだしね~!!^^。









« 脱却?トミンスペシャル??いわゆる普通。。 | トップページ | 今日のトミンは、やらかしてしまった。。。へこみ »

羽鳥湖」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、初コメ失礼します。
羽鳥湖でお話させてもらっているGSX-R750乗りです。

あのNSRさんが、もらい事故ですか!
高齢者ドライバーっというか、サンデードライバーは狭い峠道で対向車のことなんて全く考えずに運転しているのがいますよね...まるで住宅街の路地を通るかの如くセンターライン無視で走ってきますbearing

そんなのに巻き込まれるなんて可愛そうなNSR(´・ω・`)ショボーン

ちなみに私は前日に温泉ツーの途中で数本走りましたが、道の駅で「バイクが~スピードが~」って話してるお婆さんがいましたね。

スピードなんて多少出てても車線割ったり、飛び出しでもない限り、そう簡単に自損以外の事故なんて起きないんだけどな~って思います。


GSX-R750乗さんこんばんわ^^。

いやはやびっくりでした、、でもまあ怪我も大したことはなかったのでよかったですよ。

バイク屋さんも親身になって修理の相談乗ってくれていたし結構速く復活するのでは?っと思います。

ただお察しのように今回の事故。。乗っておられていたのは見た感じ高齢者。。

完全な認知症やテンカンの場合は運転免許の返納すべきだと思うけど、軽度の場合は現状の運転にたいする本人の現実とのズレをなるべく短いサイクルで講習や実技で再認識してもらわないと大変なことになると感じた。。

実際問題、正常な身体状態から有効視野が狭くなった高齢者の、ちゃんとみて車線変えたとか交差点渡ったなどは、正直言って怖い^^;

本人にしてみれば、見損なった訳ではないので、もちろん減速や走行ラインをずらすといった行為はまずしない^^;;。

田舎の警察署は田舎で車が乗れなくなると生活に支障をきたす可能性からかなり高齢者の免許更新には温情的でもある。。

リラックマが書き換えに行った時も高齢者の視力測定で、こんなやりとり。

検査官。。はいこれどっち?
高齢者。。右
検査官。。よ~~くみてもう一回聴くよ。
高齢者。。左かな~~。。
検査官。。視力は大丈夫そうだね^^。

リラックマ。。おいおい。。

実際今回のロスマンズさんとの接触でも、老夫婦いわく私たちが反対車線に出た時はバイクは来ていなくて突然ぶつかってきただものね~^^;;。。

要するに距離が離れたり角度が悪いと見えていない自分たちの運転にたいする危険性をほぼまったく認識していないようで、、これまた怖い。。

結論。

悪気はないわけで、認識もないわけで、、反射神経もおちてるわけで。。
一般道路怖い。。

返納が本当にこまる高齢者なら短いスパンの実技講習や不適格といわれて再受講でも努力して交通社会に合わせる人は沢山いると思う。。

ああめんどうだな~~っと思う短気でせっかちな高齢者は、やっぱり車は運転すべきではないと思う。

人は誰でも歳をとりますからね~
どちらかに一方的に加担した言い方はしたくないですけど・・。

原田哲也も雑誌で「公道ではぜんぜんとばさない」って言ってました・・。

最近の雑誌のインプレ動向としては「サーキットなんてクローズドで路面も読めてるからインプレなんて信頼ないでしょ、公道こそ何が起こるかわからない、路面も刻々と変わる」ですね。

とばす人はどこでもフルバンク、とかひたすらハイグリップタイヤ、とかでなく、マン島などの公道レースを参考にするのもテかもですね。
たまには安全に関して一考するのも良いことですよね。

ほんと考えさせられる話です。。

自分は大丈夫とか相手の運転が未熟なんだ!とか乱暴なものの考え方では先々さまざまなことが制約だらけとなり結果的に趣味すら楽しめなくなる可能性を危惧します。。

一般道路で速度を楽しむ自体は不道徳な行為なので、こうすれば安全とか迷惑かけていないなどといった話し合いのやり取りは、たいがいもめたり遺恨をのこすので、ここではふれないこととしますね^^;。

実際に考え方変わった人が多いのも実際ですものね^^;;、。

峠はともかくとして一般道での最近の高齢化交通事情は悲惨とおもえる惨状です、、仕事柄年間10万キロ以上業務車両乗ってもおりますが、最近の高齢者のよそ見運転や割り込み、、ウインカーなしの車線移動や右左折、、結構事故を多く見かけるようになりました3日に一度は遭遇してますね~^^;;。。

行政も返納をむきになっておこうなうより、高齢者のための運転技術向上練習会などを楽しく行ってもらう環境づくりをしてもらいたいものです、、、もちろん高齢者でも運転がじょうずであったり丁寧な方沢山いますので、ひとくくりに高齢者ドライバーイコール危険運転者?ではなく様々な人のプライドを傷つけづなおかつ向上心をもりたてるような取り組みをしてもらいたいですね^^!

パイロット資格とかなら規定のフライト時間をこなせないとウイングマークが維持できない免許システムと聞きます、、高齢者ドライバーも国の負担で積極的に練習会とか行えればいいですね!無効負担でお弁当つきでとかでね^^。

長文失礼しました。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499888/62318849

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のお山でびっくらポン?リラックマびびる。:

« 脱却?トミンスペシャル??いわゆる普通。。 | トップページ | 今日のトミンは、やらかしてしまった。。。へこみ »

よろしくね!

ぽちっとお願いします