2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« スパーダさんで練習中 | トップページ | »

2013年7月18日 (木)

トミンで男のダンディズム?&フロントサスペンションの考察。。

023

トミンで男のダンディズム?&フロントサスペンションの考察。。

なんのこっちゃ?のタイトルで始まる、今日のトミン練習。。最後は雨降ってくる曇天のトミンサーキット。。で~~も涼しいので凄い楽(ちょっと蒸したけどね

さて、どっから手をつけて書きまくるか、ちょっぴり悩む。。(風呂でじっくり考えた)

まずは、やっぱサスペンションで振り返って再検討。。

前回の走行でフロントサスペンションの突き出し加減が、いかに重要かを確認したので、今日は参考書でもあるライディングスポーツ誌の記事を参考にしてサスペンションの検証走行を行った。。

重複する話だけど、フロントの突き出しは、乗り手のスタイルやスキルで出すべきか出さぬべきか、はたまた突き出しを減らすべきか、、けっこうきちんと自分の属性やスキルを検討して実施しないと、すっごい辛い思いをする羽目になる。。(リラックマは1秒落ちた&フロントからすっとびはぐった。。)

簡単な種別表記を書いてみた。。

突っ込み重視で速い人、。。

フロントの高さは必要でフロントのバネが弱いときは、プリロードで作動位置をあげてまでフロントをの高さを維持する姿勢が有効のよう、、でないと、ハードな減速&突っ込みは、マシンがお辞儀してコーナーへ進入して、スムーズに倒れない&必要以上に操舵角度がついて、結局切れ込んで怖い思いをする、、なのでバネやダンパーオイルを硬くしていないノーマルなら突っ込みライダーがフロント突き出すのは合わない感じ。。

旋回速度重視の早めのアクセルオフ&軽い減速のひと、。。

ある意味、トミンでは結構有効なスタイルライド、この場合コーナー中盤から脱出の速度がきもなので、コーナー進入の早い段階で前後のタイヤの沈み量をそろえる必要があります、でも突っ込み重視のようなフロントの高さでは、アクセルオフ程度では適正なフロントの沈み量にならない、な~~のでこのスタイルの場合はあらかじめアクセルオフ&軽い減速で塩梅の良い沈み位置になるように、あらかじめフロントの突き出しを増やして、フロントを低めにセットします、すると速い段階から1次旋回が発生し、ぎゅ~~んと弧を描くように素早い旋回が実現します、(トミンの1コーナーは、このスタイルの人多いかな?)

上記の2つのスタイルは、すべきことをこなしてはじめて良い結果が出るのであり、いずれにしろ丁寧な取り組みが大前提なのだとも思います。。

022
(雨降ってきた、、、)

でもほんと、サスペンションって奥が深いって言うか、機械物なので、しっかり考えると結構オタクに面白い。。

だって、書きあげると結構パートの組み合わせとなり、そりゃもーールービックキューブ(古い)並みの組み合わせ的のお宝探し。。

ルービックキューブ同様にやみくもに、あてずっぽではキューブ的表現で行くならそろっても2面まで、、とても6面は無理みたい。。

やっと今日の検証。。

フロントサスペンション(リアは今回は標準でやります)

ちなみにリラックマ号のフロントバネは1.075キロなので標準より硬め。

それでも油面やオイルの粘度はノーマルなので、いささか頭を使って対応しないといけません。

前回のフロントの突き出しで、今回の検証はテンションのみの検証走行。。

まずはいつものセットの最強から3分の2回転戻しで走る、無難に6秒後半は最初から記録していた。。

さて今度はライスポお勧めのテンション弱め、、グルグルと最強から1回転半ほど戻して走行した、、最初のローペース(27秒半ば)の時はいい感じだったけど、ペースを上げると旋回中盤にトレース位置が維持できず、はらんでゆく。。結果7秒フラットペース。

ライスポの記事だと、テンションを強くしてフロントを低い位置を強制的に作り出す進入姿勢は、ある特定のコーナーだけが良く曲がり、弊害が出るコーナーが発生するので、テンション硬すぎは要注意、、っと書いてある。。

でも、ここはトミンサーキット、、ヘアピン主体のこのコースなわけで、旋回時間がながいコース(筑波の最終や鈴鹿)ならライスポの記事的セットもいいのかもしれないが、トミンでは不要な伸び縮みはむしろアンダーを出してしまい、開けるタイミングが遅れがち。。

031
じゃあ今度は、いつもよりテンションをしめてみた。。

通常の3分の2戻しを、半回転戻しまでしめた、、。。

おーーびしっとした感じ、、ちょっと操舵感は重い感じでもあるが、ずれの少ない旋回中盤は良いかもしれない。。タイムも26秒5を筆頭にまずまずのアベレージで回る。。乗りやすいせいか6秒中盤で5週連続走行が出来た!!こりゃ凄い。。(うれしい。。)

ここでおさらい。。

テンションを強めると、すべてにおいて走りやすいのだろうか??。。

答えはノーでしょうーー。。

なぜなら?。。

硬いバネ(リラックマもそうだけど)は伸びようとする力が強いので、標準のオイル粘度なのにバネだけ硬くすると、暴れるバネを制御するためにノーマルバネでは、考えられないようなテンションで抑え込む必要があるからなんだな^^;、、

逆にすべてがノーマルのフォークにテンションかけ過ぎると、重苦しい感じがつねに付きまとうし、フロントが旋回中低すぎて、やっぱ曲がらない、、もしヘルメットの視界が悪いな~~っと旋回中に感じたらバイクの姿勢を疑う事をお勧め。。

結論。

テンション強めはヘアピンには非常に有効なので、標準いちから4分の1回転くらいずつ締めてゆき、曲がり具合を楽しむのがいい感じ。。

ある一線から、こんどははらみ始めるので、そこまで来たら締めこみは中断して、い一まで戻して乗り込む。。タイムが伸び始めたら、またちょっと締めこんで乗りこなせるかチャレンジ。。やっぱ無理そうなら練習不足を疑うか、フロントのバネのレートアップして、自分をサポートしてくれるフロントフォークの製作に心をくだいてみるもいい結果となること請け合い。。

けっこう迷宮入り??してサスの調整機能いじりたおしたり、タイヤに4万円~5万!!かける場合も多いのだけど、7秒入ったら自分専用のフロントバネをゲットしてみるのも投資額工賃込みでやっぱ4~5万なのでお勧めですね^^。

とくに減速に気合いが入った人はバネレートアップで姿勢を作り、テンションアップで暴れを制御、コンプレッションは作動初期の硬さを防ぐため、標準仕様。。

きゅっとはいってきゅーーんと旋回!!リアをしずめてズバッと加速!!いい感じかも。。

次回はリアサスのスイングアームのたれ角度を、じっくり考えてみようとおもう。。

027
ちょっと疲れました、、(読むほうも疲れる。。)

今日は大人のカレー、、、、じゃなくて。。。。

大人のトミンの走行練習。。

なぜならば??、、それはなぜ走るかを大人尺度で考えたいから。。

大人尺度ってなに??。。

それは、、、目的ですな、。。

目的っていうと、タイムが一番頭に浮かぶけど、それでいいのか?社会人??

リラックマも偉そうなこと言ってる割に5秒入ったらいいな~~などと企んでいますのでこの内容は書きながら矛盾もしていのだけど、そこはそれ、いいとこどりで前向きに考えてみようと思う。。

そう、、。。ダンディズム。。

タイムが速い、、、それはうれしいけど、競技なら計測結果がすべてで、危なっかしかろうが、フォームがダサくてもノープレブレム。。

でも40前後のナイスダンディーはツーリングもするし、なんちゃって峠遊びもする、、御買物だって行っちゃうぞ!

だからカッコよくなくていけない^^。。カッコ悪いわ転倒しちゃいそうな危険な乗りこなしで30秒なら、ばっちり頭残して肘を張らず、絞り込んだ下半身で乗る弾丸のよーなフォームの31秒台のライディングの方が見学側見ると速い人に見える。。

みんながみんな、ストップウォッチ片手に見ているわけではないので、やっぱり見た目は重要な大人ライドのファクターだと思う。。

速くなるために、ラインやセッティング、、頭や肩や腰と言った部分的な細かな修正を意識し過ぎると、適当にゴルフをやっていた時は、よく飛んだ玉が、とたんに飛ばない、、セミプロの素人に教わったたら最後、、もーーロボットのようなスイングになりゴルフ嫌い直行路線と似た感じになる。。。

な~~のでリラック的には、とことんカッコよく乗る事にこだわります、、そのために問題がある場合はサスのセット変更をしたりラインどりやブレーキング、、いっぱい練習してるんだな^^、、でもそのせいか、けっこうタイムでちゃうし、なにより始めた当初はタイムあり気だったので転倒しまくりだったのが転倒はおろか、そのような危なかしさが、ほぼ消えた。。これは凄い事だと自分ことながら振り返って関心しちゃう。。

数年で結果を出さないとならないレーサーならともかく、趣味なので楽しく、長く、、女性にもてる??バイク乗りをモットーにめざします^^;;。

それが大人のダンディズム!っと思う。。

タイム優先なんでもありは、回復能力の高い若者の特権行為と割り切って分相応なサーキットライフ^^、頭使って痛い御身回避しながら、しっかりアピール!(ずるいかな?^^;)

028

今日一緒にはしったOKI電気さん^^。ここのところご一緒する事がおおくて、楽しませてもらっております^^。

029

こっちはVFR400さん^^、さいしょエンジンかからなくて、ダイジョブかな~っと見ていたがちゃんとかかって一安心!(チョーク不良らしい_)

さまざまなアプローチから走りの組み立てを精力的こなしていた、後半はかなりのペースとなり、リラックマとフェザーさんと3台でギュんギュんっと走った!

自宅に帰りキイロトリの撮影したムービーで計測すると、29秒台半ば前後は出ていた、、どうりで速い訳ですね^^。

ギア比の見直しをして走りこめば8秒台でそう^^!じっくり行こう!(現在かっこはい感じなので、さらにかっこの良い絞り込んだフォームを研究すれば、自動的??にタイムアップ!だね^^。。)

041
きょうのナイスミドル。。

はじめてみるバイク。。。ホンダのNF700さん??..

どーみてもツアラー。。で、も、、ライディングはスーパースポーツ乗り。。。それもテダレ級!あの加速程度で、なな、、なんと29秒台!!不気味だ^^;、、(すまん^^)

最終コーナーを検証すると、一気に車体が路面に軽く接触するまで倒しこむと、その位置で旋回角度を維持、そのまま速度を安定させて、出口へ向かう、リアのスイングアームの沈み込みの深い位置に入ったらスイッチオンでフル加速!!600RRのような組み立て走行。。いやはや速かった。。

037
赤モンスターさん^^。

最初こそタイム狙いで苦しそうな感じの時もあったけど、後半は全体的にコースを見て走る感じに切り替わり、安定感がアップ!

リラックマ手時計でも31秒台は出ていた。

このマシンこそ、大人の相棒なので是非とも街乗りもツーリングもかっこいいライダー目指してくださいね!!また遊びましょう^^今日はありがとうございました。

044

写真撮り損なっていました残念!キイロトリが頑張っていっぱい撮影してくれていたのだけど、今日はキイロトリも一生懸命走っていたので、撮影が少なく、ごめんなさいでした^^;。

今回で数回目のトミンの黒フェザーさん^^。

はっきり言って十分タイムは速いです!こなれた感じが安心感十分で納得のタイムレベル^^、本人も内藤さんのスクールで、いろいろ指導されたといっていたので、フォームの改善が一番の求めるものでしょう、、部分部分を直そうと意識すると体が硬い動きになるので、我々を含めた素人特権っと言った感じで、自分なりのカッコイイフォーム研究もいいかもしれません^^。転ばないよう楽しみましょう^^。

今日はいろいろ会話できて楽しかったです、ありがとね^^、、クマクマ

040

おまけ。

030

おまけ2

038
おまけ3

043

おまけ4

036
おまけ5、シュールだ。

024

今日のキイロトリ。。

ピッチングもうまく使えるようになってきてタイムも33秒3っと良い感じ。。

リラックマが乗った時、確か31秒フラットだったので、現状マフラーの抜け具合からいっても上出来タイム^^。。

こちらも危なっかしさは全くなく、タンクと膝の使いこなしも綺麗になってきたので、まだまだ伸びしろ大って感じかな^^、無理にタイム狙いで走っていないせいか殺意??を感じさせない走行内容が好結果をもたらし、落ち着いたフォームを実現させている感ですね^^。

025

さーってそろそろさすがに眠いぞ。。。

皆様今日はお疲れ様でした^^。。

ツナギで帰宅のNF700(NCだっけ?^^;)さんの写真で締めましょう。。

ではではクマクマおやすみなさい。。








« スパーダさんで練習中 | トップページ | »

RRリラックマの頁」カテゴリの記事

コメント

りらっくまさん、キイロトリさんこんにちは。

いつもトミンレポート楽しみに読んでいます。いつもお二人は水曜にトミンですか?
来週は僕も夏休みなので31日(水)はもしかしたらトミンで走るかもです♪

カッコいいライディングフォーム、目指したいです。僕は頭が車体のセンターに残る
乗り方なので頭がセンターよりインに入る人の乗り方がカッコいいな~と思いながら
写真とか眺めています。

ZX-10Rはフロントサスがよく出来ているので、今のところはバネ換えたりはないと
思いますが、ZX-9R時代はバネが弱くて毎回フルストロークしてしまって、プリロード
は最強近くまでかけていましたねぇ。僕のは03年式のF型でしたが、98年式のC型の
9R仲間も似たようなこと言ってました。結局、バネだけオーリンズのレートの高いのに
換えましたが、あまりサスのこともよくわかっていなかったので迷宮に入ってタイムは
延びずで難しいな、と思った記憶があります。

こんばんわ^^、リラックマです。

男のダンディズム読んで笑っていただけましたでしょうか

これがなかなか難しい、、頭の位置はかっこよさにかかわる重要部位、、、イン、センター??、、リラックマ分析でいうなれば、かっこいいのは頭をインに入れたほう。。

で、も、ね、、、インに頭入れたフォームでカッコよく走るにゃ、相当の旋回速度がないとカッコよく見えないのも厳しい現実、、この辺は試してみて衣装の着こなし同様、チョイス&チャレンジでしょう^^。

さて、ショック。。ZX10R君。。お互い同形式のナイス緑。。

たしかにフロントのバネはかなりしっかりしているので変更の必要性はないかな?、、ただし、1コーナー進入の時に標準セットだと、みょうな感触の悪さが出るので、自分好みのプリロードは絶対探すのは必要。。

2回転ほど締めこんだら落ち着きました(リラックマの場合)っが、、タイムは今一つ。。
なぜだ??。。侵入後の旋回半径が楕円になる感じ(アンダーっぽい)

新型ZX10Rは、しっかりしたバネと高い減衰力のBPFなので、サーキットペースだとテンションもそれなりに強める必要もあるのかもしれません。

まだまだ沢山検証してみないとだめですね^^;;。。

そーそー走行は、ほぼ水曜日にまとめていますので、明日も雨じゃなければ走るのですが月末の31日も走る予定でかんがえています^^。
こちらこそよろしくお願いいたします。。

最後。^^。

ZX10Rのフロントブレーキパッドを手に入れてしまった!!それも物凄いサプライズで
かなりうれしい出来事。。このサプライズ記事は次回のブログネタでアップしちゃいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« スパーダさんで練習中 | トップページ | »

よろしくね!

ぽちっとお願いします