2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« トミン | トップページ | 女性ライダーは上半身を支えることができない人が多い・・・・・私も »

2013年4月28日 (日)

福島県 峠 転倒 事故 炎上 ドクターヘリ 現実の出来事

福島県 峠 転倒 事故 炎上 ドクターヘリ

今日は今年初の羽鳥湖へ行った、先にいっておくが自分が転倒したわけではない。

本当は書くかどうか迷ったが、書くことにした、、、もちろん良い話でない。

036

朝9時半すぎに毎年遊ばせていただいている福島県の羽鳥湖に暖かくなったので雪もないだろうとキイロトリとで向いた。

すでに何台かのバイクが走っていて、その中に去年友達になった方が、バイクをFZ1000にチェンジして来ていた、久しぶりだし新年のご挨拶をお互い済ませ、すこしまだ肌寒い(8度)けど、ゆっくり走って羽鳥湖を楽しむことにした。

FZさんと一緒に来ていたバンデッド1200さんも一緒、地元のライダーで友人のNSR250Rさんも含めた5台で、ゆっくり景色を楽しみながらちょっとぬれた路面や、たくさん落ちている松の葉っぱの塊を避けながら走った。

途中なんどか休憩をしながら、おのおののペースでお昼近くまで走っていた。。

035

いつもとかわらない、いつもの峠道、、、抜きあいや、追い詰めるような走行など無縁の大人の社交場として皆で暗黙のルールの下楽しんでいた。。

わりと自分を含めて高齢ライダーが多いので必然的にそーなっている、、、。

昼近くなったのと、トイレに行きたいなどの理由でリラックマとキイロトリとNSR250Rさんは、そこから数キロ離れた場所にある、道の駅に行くことにした、、。

FZさんとバンデットさんは神奈川と千葉から、来ている遠方の羽鳥湖フリーク、せっかくだからもうひと往復して帰りますねと、お互い分かれることにした。

その後、リラックマ一行は道の駅でトイレタイム、、そこには知り合いも多数来ていたので、しばし談話を楽しんだ、、そのなかにひときわオーラを解き放つ車両!。。BMWのS1000RRの新車!それも限定のHP車!!。。





005

話も最高潮に盛り上がり、ここは雰囲気だけスーパーバイクのようなランデブー走行しようとなりみんなでまた湖畔のいつものメルヘンロードに戻った、、S1000RR/HPはまだ数百キロの新車なので、5000回転前後のスロー走行、みんなで大名行列をしていると、大きく手を振る先行組の面々。。

っていうか、、わかれたはずのバンデッドさん、、!?。。

リラックマさんストップです!この先大事故が起きていま、ここで救急車まちです、誘導するため待機してるんですよ。。

??、、だれか事故起こしたの??(り)

FZさん転んじゃいました(バンデッド)

怪我は?(り)

うずくまったまま動かない、意識はあるのだけど、、(バン)

で、救急車は?(り)

いま20分くらい前に連絡済みです(バン)

単独??(り)

いえ、もう一台エイプ50の若い子が怪我しています(バン)

事故現場行ってるから救急車の誘導お願いします(り)

分かりました(バン)

ーーーーー移動ーーーーー。。

、、、、、、、、。。。。。。、、、、、、

(ここからは気の弱い方は読まないでください、いちばん辛い現状です、、走っていて書くのも変だが、あったことそのまま書こうと思います、だからと言って峠を走るのをやめるわけではないが、正当化するつもりもありません、直面した現実を、実際におきた峠の悲惨さと感じてもらいたいのと、悲しさを真摯に受け止め、峠を飛ばして走るのが、正しいのか悪いのかではなく、受け止めたうえで自分は走るのか?危険と無責任な行為として飛ばすのをやめるのかを考える参考として読んでいただければよいと思う。)

現場に到着した。。。

そこには炎をあげ炎上するエイプ50、、、消化など出来るはずもなく膨張した燃料タンクが非常に危険な状態、。

その数メートル先で痙攣しながら横たわるエイプの若いライダー、、流血と激しく叩きつけられたせいか、かなり苦しそう、、意識はしっかりしているが、どんどん痙攣がひどくなる、。

その少し先でFZさんが座り込むような形で車線の中央にいた、意識はあるが記憶障害をおこし、自分の名前すら分からなくっていた、。

爆発の恐れがあるエイプから、遠ざけたいのだが、不用意に動かすわけにはいかない。

下から上がってきた乗用車の方からタオルをもらいエイプさんの頭を少し上げて気道確保した、痙攣はとまらない、。

幸いなことはエイプは、なんとか火が消えてきてタンクも持ちこたえくれた。

でも、こんどは崩れるように横になったFZさんの意識がもうろうとしてきて焦点がおかしな瞳孔具合、。もうあとは救急車が早く来るのを祈るしかない。

なかなか来ない。。

須賀川と白川と両方から救急車両が向かっていると、先に到着したレスキューとパトカーから聞いた。。

かなり切迫した状況、、。。

ドクターヘリを緊急要請し、こちらへ向かうと折り返しがあった。

とはいえい現場ではヘリの着陸は出来ないので、道の駅まで救急車で移動。。

場所が場所だけに2時間近く、かかってやっと病院へ向かう事が出来た。

エイプの子は23歳で妻子持ち、昨年すくないおこずかいから無理して買ったバイクらしい。

FZさんは数年で定年退職する熟年ライダーさん。

双方、ほんとに無事であることを祈る。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

では、なぜここまでの事故になったのか?

じつはリラックマがトイレに行くとき600RRを先頭にエイプ2台の合計3台とすれ違っていた、そのときは、ああツーリングさんかな?っとすれ違いざまに見ていた。

リラックマとは逆方向に、もうひと往復して帰ろうと走りに行ったFZさん。

このメルヘンロードの一番最後にある下りの大きく左に回り込んだ50Rほどのコーナー、今日はなぜかここだけ、物凄い松の葉が堆積していて50センチ程度の隙間を走るような状況だった、。

もっともそのコーナーだけであとの5キロは濡れてもいなし、落ち葉もない綺麗な状態。。

事故が起きた時刻ごろは、ずいぶん松葉の堆積物も減っており、午後組は楽しめるかなっと言った感じでもった。

だが、乗り始めたばかりにエイプさんには、突然あらわれた下りコーナー中の堆積した松葉、、そして登ってきた大型バイク(FZ)、たぶんだが堆積した松葉にびっくりし、そのうえ上がってきたバイク、一気にはらんで堆積した松葉でフロントから転倒、、、反対車線をふさぐ形で停車、そこへ逃げ場を失ったFZが左へ緊急回避、でも上りで過重の薄いフロントは一気にロックして、5メートル以上のスリップし滑走、しライダーは路面にたたきつけられた。

怪我の惨状を見る限り、滑走したFZの一部がエイプのライダーへ接触した疑いもあるし、FZさんも叩きつけられ転がりながら転倒停車していたエイプにぶつかったような位置関係。

反対車線から転倒して突っ込んできたエイプに避けはしたが激しい転倒に巻きこまれたFZ、、。。

注意していれば大丈夫とはならない今回の事故。

エイプも速度は出していない、もちろん峠を攻めるなどといった事は無縁のライダー。

FZさんのフロントがロック下位置は、もう回避が精いっぱいで左の土手直行の位置、もっともロックした位置の手前は20メーターほどの直線、ある意味なぜ停車出来なかったのかと疑問にも思えた道路のレイアウト、、でもだ、よくよくじっくり救急車の出た後、FZをリラックマのハイエースに積みながら道路を見ていると、この事故は登ってきたFZを見た瞬間はらんで転びながらFZの10メートル前後に現れた事がスリップ位置と削れたステップのアスファルト傷とで理解できた。

肝心なことは、もーこーなったら避けられないという事だ。

正面衝突でなかったことが不幸中の幸いだが、病院に向かった彼らの安否はわからない、、エイプは知らない子だし(救急車への連絡のため名前と住所、年齢は聞いた)

FZさんは去年知り合った、峠の知り合い程度の人間関係。。

今、帰ってきて振り返りながらこの一件を書いているけど、本当に無事ならいいのだが。。

最初にもかいたけど、このような事書いたからと言って、峠で飛ばすのが悪いとか、このくらいの出来事は仕方がないとかを言う気はない。。

書いた理由は、どんな考えがあってはしったにせよ、事が起きると、今回のような事は現実に起きる、ただそれだけの話です。

寝ます...............................

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

おはようございます^^。

うれしい連絡が早朝からありました。

現在福島の病院で治療中のFZさんから電話があり、脳には異常はなく、肋骨1っぽんのヒビだけで済んだとの報告^^。

少し痛そうな感じで話していたけど、運んでおいたFZ1000の心配や、どのくらい壊れていました?など、すでに修理の方向でいろいろ聞かれました^^、。。

エイプさんからは、連絡はいまだないけど、彼は若いし見立てでは骨折個所はなさそうだし、体格もかなりしっかりした子だったので大丈夫だろうと思います。

エイプは全損?だと思うけど、FZは幸いなことにオーナーともども奇跡的に軽傷^^、カウルとメーターとライトの交換でほとんど治るのでは?と思う。(ラジエーターもだめかな?^^;)

リラックマは今日仕事に行かないといけないのでお見舞いはいけないので、千葉に戻ってきたときにでもお見舞い出来ればと考えています。

40台~70歳台が非常に多くなったバイクライフ昨今、乗りこなしや取り回しへの向上芯の高さが招く不幸な出来事、、で、も、だ、、ここはやはりオヤジパワーで乗り切るべきだと無事の連絡を受けて、強く感じるリラックマ、、クマクマ。。

ゴールデンウイーク。。。。リラックマ。。。。ないなのよね~~~。。

読んでいただき心配してくれた皆様に取り急ぎ報告でした。

 

                        


うん~、タイムリーすぎる。


中高年ライダーの事故急増=プロテクター着用呼び掛け―警察当局(時事通信) - Y!ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130428-00000065-jij-soci





                                   by キイロトリ













にほんブログ村 猫ブログ MIXその他猫へ

« トミン | トップページ | 女性ライダーは上半身を支えることができない人が多い・・・・・私も »

羽鳥湖」カテゴリの記事

コメント

先日は本当にお世話になりました。
当日は病院に行った後、夜10頃に帰宅できました。
医師の診断では軽傷?とのことでしたが、
精神的に大分混乱してたようでした。

翌日fzさんから連絡があり少しほっとしています。

私もそろそろ危険を考えることが多く、これを機会に
クローズデビューをしようかと考えています。
それでも一般道でのツーリングはやめられそうに
ありませんが。(笑 
マージンはいっぱい必要になりました。

バンバンさんいらっしゃい^^。

昨日はお互い大変でした。。

いろいろありすぎてお互い帰宅はかなりおそくなってしまったようですね^^;。

私のほうにも翌日連絡があり、無事をしり安心しました。
バイクは少し壊れたけど、本人も直しますよ~っと元気そうでなによりです^^。(ちょっとそれなりにかかりそうでもありますが^^;;。)

ちなみにお知り合いのバイク屋さんが引き取りはゴールデンウィーク明けでないと無理と言われたらしく、そこまで放置していると大丈夫かな?と心配しており、リラックマも無関係でもないので、ちょっと手助けと言うところなのですが、今度の日曜日にFZを引き上げに行ってきます^^。

もちろん引き上げなので、せいぜい観光して終了ですね^^、地元の知り合いの黒NSR250Rさんに、とりあえずチェーンロックしておいてと先日頼んでおいたので、ちょっとはセキュリティー??ないなるとは思いますが、やはり急ぐに越したことはないですので、急ぎ行ってきますね~~^^。。

そーそークローズドデビュー良いですね!!
リラックマのホームコースのトミンも、神奈川の方も結構多いし、自走で来る方もいますよ^^。。ツナギも皮ならセパレートもオッケイなのでぜひ走りましょう!^^。。FZさんも誘って遊びましょうね!。。

また報告アップしますね~~。。

(そーいえば日曜の帰り道、白川のでっかい田んぼの真ん中になぜかプリウスが停車??していた、、土手からまっす暴走あとが^^;;、、、立ちすくむ持ち主の、どうみても80前後おじい様、、嗚呼怖い、、直線なんだけどな~~。。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島県 峠 転倒 事故 炎上 ドクターヘリ 現実の出来事:

« トミン | トップページ | 女性ライダーは上半身を支えることができない人が多い・・・・・私も »

よろしくね!

ぽちっとお願いします