2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ホンダMVX250出発前に、やっと修理完了!リアサスは完璧だ。 | トップページ | きゃわいい。 »

2012年10月 7日 (日)

オーバークール!MVX250、でも絶好調!でもって危機一発。。

2スト3気筒の絶滅種?やっと本調子になりました?、、試運転では綺麗に10000回転まで回るのでかぶった感じは全くなし。。そんな訳で羽鳥湖へリベンジMVX!ゆきますよ――、、

天候は曇り、、ひと気のない羽鳥湖だけど試運転にはもってこい、、っそそくさバイクをおろしてキイロトリと2台っきりの寂しいスタート。。

でも走り始めて、まもなく異変を感じる、、、、まあ最初こそエンジンが冷えているので、エンジンがおもっ苦しいのは、しょうがいないのだけど、2往復目になっても、まだ軽く回らない、。。

とか言ってる内に、また2気筒っぽい感じになり、まわったり、回らなかったり、ラジバンダリ?(古い、、次長、課長?)

考えて見れば、結構寒いし、ここって標高高いのよね^^;、途中の看板で850メートルとか書いてあった気がする、、まあいつも走っているのだから標高が不調の原因とは思わないけど、水温が上がらないのは、頂けない。。水温計が左の端から動く気配なし。。)

013
ちょっと可愛いフロントカウル^^。

ペースを上げぎみにして走ると、回ってくれる感じだけど、なんだか神経質な感じは否めない、、自信をもってきた分、ちょっとへこみます^^;;。

前日は深夜2時に帰宅して、興奮のあまり(明日は絶好調MVXに乗れると思い)寝つきが悪く、深夜にもかかわらず、スカパーでジョーズ2を最初から最後まで見ていしまった^^;、(2はメカジョーズで特撮してるので、めっちゃリアリティー不足で、腹抱えて笑える)、結局出発の1時間前にちょっとの仮眠。。でもハイのまま羽鳥湖まで運転を一人でこなし、もうー鼻の穴も目ん玉もおっぴろげの?MVX走行だったので、がっくり感もひとしおです。。

そーーだキイロトリのNSR号の様にガムテープでラヂエーターをふさげば、案外変るかも!?、、、、。。

運よく、キイロトリのRVFのリアシートに那須サーキットで計測器を付ける時に、傷防止でリアシートに貼ってある養生テープを発見し、今回はそれをはがして貼る事にしました。。

009

(こんな感じで貼りまくり、、最初は1枚から始めたが、結局3枚がい感じ)

水温も上昇し、触るとラヂエーターもあったかい、、テープを張るまえって、触るとひんやりして、こりゃ~~水温が30度~40°?って感じだったもんな~^^;。

水温が上がってくると、調子も良くなってきて、ばんばん回るMVX250!速い速い^^。。

コーナーリング速度は、ホイールベースの短い車体と、軽量な組み合わせは、まさしくコーナーリングマシン!、ハングオフなんぞしなくとも、ほとんどのコーナーを駆け抜けます!!後方からくっついて走っていた、キイロトリの話ですと、リーンインなまま、気味が悪いほど速いね~っと言っておりました^^。やるな!MVX250.。

007
足つきは、正直ってあまりよい方ではない(キイロトリではつま先です)けど、車体重量は軽いので、支えるのは簡単です、押し歩きの取り回しも軽い、、。

なによりびくりナノは、押し歩いているときに気が付いた、このバイクのハンドル切れ角度の広さ、、まるで原付と同じ感じな小回りの良さ、、これは女性ライダーならうれしい性能ですね^^。。

アクセルもクラッチも軽いので、操作も楽ちん、乗車ポジションもネイキッド同等な感じでこれまたフレンドリー、、ますますハングオフとは無縁?のパッケージ。。

旋回中にアクセルを開けると暴れる素振りもなくレスポンス良くパワーを出してくれる3気筒250エンジン、、結構トルクもあるのでスタートも楽ちんちゃんですね。

012しばらく眺めて休憩してました、。。

しょっぱな3往復を一気に2人D走って、調子を見るためガムテープ走行で4往復、、さすがに疲れました。。トイレにも行きたいとキイロトリが言っているので、グランドハイエーズのまつ駐車場まで、一度戻りました、、羽鳥湖走行ステージから1キロほど先にあります^^。

008

もう季節は秋、、栗や梨の季節です^^、もちろん自販機もホットのコーヒー、、とても美味しい峠のごちそう。。しばらく休憩をして、おみやげ用にとリンゴを買った、たくさんはいって550円とかなりやすい、嬉しそうに持って歩くキイロトリ(リンゴは美容にいいもんな^^)

そそくさハイエースにリンゴを積んで、元気に走りに戻ります。

011
12往復も走った、、さすがに疲れたキイロトリ、、ほーんと今日は自動車も走ってこない、まさしく貸切?状態。。

途中に、でっかくて黒いマムシがうねうねと、のたくったいた程度。。ほーーんとのどかな休日だ。。

久しぶりの2人きりなので、ライディングのディスカッションをしながら、走っていました。。

練習内容は、ステップワークと燃料タンクの使い方。。

具体的は、コーナー前、コーナー進入、旋回中、加速脱出の時のステップ&タンクの使用方法。。まあ膝を開くとか,擦るとかの話し。」

まずコーナー前。。これは良くやってしまう、コーナー前に腰をオフセットしたいので曲がる方向に腰をずらすと一緒に膝まで、広げる行為。。これでは減速の時に下半身を支える事が難しく、厳しい感じ。。なので右コーナーをたとえて言えば。

左右の膝の頭は開かずに、むしろしめこんだ状態で、ひねるように腰のみを右にずらします、、この状況は減速前に行い、減速中もずっとみぎひざはしめこんだままゆきます、もちろん膝すりはしませんし、できません、。(必要なしです^^)この状態で左のステップを踏みこんで持ち上がりそうになる、左足のひざをタンクに押し付けるようにします、うまくタンクのくぼみに左ひざが食い込む位置を探して、みつかれば最高の正解です。。

足の親指付け根で、ぐっとふんで、その反力で膝をタンクの二―グリップの為にくぼんだ場所に、がしっと食い込めば完璧です。。もちろんそれがうまくできればイン側のすてっぷにのせる足は、力が抜けるはずです。。

そのまま自然に旋回がセルフステアによって起きますので、そうなったら外側の足でバランスをとって、脱力した内側の膝をぷら~~んと開きます、くれぐれも筋力で内側の膝を開いていてはいけません^^。

旋回も後半になりおわりを迎えるので、その時は開いた内側の膝を素早く筋力でひき戻し、加速に移ります、、。つぎのコーナーへ準備ですね^^。

010

本当ならば旋回中の外足はステップを親指の付け根ではなくて、土ふまずで踏む方がいいのだけど、(ハードな旋回だと、つま先荷重は、かかとの関節で荷重抜けがでるため)身長や足の長さの関係もあるので、キイロトリはつま先で踏ん張り、タンクへ膝を押しこむスタイル、、ステップ位置を変える方法や、ストンプグリップとか貼り込むアイディアもあるけど、練習状況下のキイロトリはフィーリングの変化は進歩の妨げになるので、いまはあくまで現状のまま練習です。。

だいぶ膝とタンクのワンセットな必然性を走行に組み込めるようになったキイロトリ、非常に綺麗に無理なくアプローチと旋回ができている。。

あとは、減速を強めにした時にでも体がきとんとタンクとステップのみで、ホールドして、両手放し感覚でコーナーへ進入できるような、完璧なカラダさばきをめざしてくださいと、いった感じですね^^。

もう出せば擦れそうな、結構ふかい旋回バンク、ぴーーっと回る感じ、、随分いい感じ。。

ミラー越しににも感じる楽しそーなキイロトリ。。。ほんとスピードではなくて楽しのが一番だね!速い遅いのではなくて、操れているか、ただエンジンが速いんで凄いだけなのかでは、バイクの趣味として考えれば、おおきな問題と思います^^。」

今日は結局15往復!距離にして160キロは走ったこととなる、、よーー走ったもんです。。

004_2

走行前の準備、準備!いろんな木の実がいっぱい落ちている、、。。

005_2
どんぐりがいっぱい。。ブーツはく時はだしで踏んだ、、すっげーー痛かった^^;;。

でもクマさんシカさん、、、リスさんが冬に備えてたくさん食べるんだるね^^、秋は動物の一番楽しい季節だものね。。

001_2
でもって今日の危機一発!

上の写真は、先日仕事で深夜に走っていた時、突如あらわれリラックマをぶちぬいて、逃走&追跡車両!(パトカーすげー勢いだけど、捕まえる気配はない)

問題は羽鳥湖走ったリラックマ。。

MVXで走っている場所は、警察が来ないので、捕まるとはないけど、問題なのは白河から羽鳥湖の道程。。。ここは結構白バイが多いので地元では有名。。レジーナ周辺のゴルフ帰りの高級車を狙って白バイいっぱい。。

ぐたーーっと疲れて、2台のバイクを積み込んだグランドハイエースで羽鳥湖を白河に向かって下ってゆく。。

ああ疲れた~~。。もう少しで白河市街だな~~あと数キロかな?~、、っと市街地手前の田んぼ道を快走中、。。????ちらっとルームミラーに赤い点滅??!

っえ!まじ!うそ!!白バイがへばりついている!!スリップストリーム?。燃費稼ぐため空気抵抗の低減??、、、頭パニック!。。。

でも、しかしで、、、アクセル戻したら、数百メートル追尾して、諦めたのか、みのがしてくれてのか??右折して消えてしまった。。

キイロトリが、いうにはリラックマが気が付いた位置の数キロ手まえの側道のしげみの陰に白い感じのなにかがいたので、今思えばそれが白バイだったのよ!!っと、いまさら情報^^、、。。

速く言えば良かったね(き)

そっだね(り)

でも捕まえなかったね(り)

不思議ね(き)

そーなんだよ、赤色灯までまわしてやる気満々だったもんな~(り)

でも白バイって、プロだから追跡の時って完全に死角に入るはずなのに今回は、ミラーに映って姿をさらした、、、なぜなんだろう。。(り)

きっと積んであるバイク見てたんじゃない(き)

なるほど~~(り)

見逃してくれたんじゃない、ほんと(き)

そだね’(り)

ラーメン食べて安全運転で帰ろうね(り)

そーしよーー(き)

折角の倹約(ライセンス代金ねん出)も、あやうくパーになるとこだった。。。

気をつけなっくちゃクマクマ^^。

ほじゃ今度の水曜日の午後またはしりますよ~~。。っじゃっあねーー!

« ホンダMVX250出発前に、やっと修理完了!リアサスは完璧だ。 | トップページ | きゃわいい。 »

クマお気に入りMVX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499888/47342710

この記事へのトラックバック一覧です: オーバークール!MVX250、でも絶好調!でもって危機一発。。:

« ホンダMVX250出発前に、やっと修理完了!リアサスは完璧だ。 | トップページ | きゃわいい。 »

よろしくね!

ぽちっとお願いします