2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ゲンゾウのお昼休み、しあわせをどうぞ^^。 | トップページ | 秋到来?大自然がいっぱいの羽鳥湖お茶会。 »

2012年9月 8日 (土)

お家でヘルメット修理する。その2、危険な香りもパテでうふふ。。

お家でヘルメット修理する、その2危険な香りもパテでうふふ。。

真の安全で言えばタブーだけど、ちょっと擦れたほどのキイロトリのヘルメット、、それも2個!ああもったえない。。。なので禁断のヘルメットの修理をはじめました^^。。

前回に傷を軽くならして脱脂して、ポリパテで傷を埋めるとこまでやったので、今回はちょっと作業を進めました。

018
まずは、順番が逆になるけど、塗装前までこぎつけた状態。。。

ショウエイとアライ。

パテを削って、脱脂してホワイトサーフェーサーを吹き付け、天日で乾燥している状態。

017

もともと、傷は非常に浅い、擦り傷なので、結構簡単にパテ修正できました。。

そのたびにマスキングがちょっと面倒だけどね^^;。

でも、マスキングをけちったり、横着すると、これが元で、かなり凹む失敗となる場合がおおい、、。。

失敗の1位は塗料のタレ、、2位マスキング漏れ。なくらいですものね^^。

021

まさしく、じゅんばん逆行の写真^^;。。ポリパテ削った写真。。

ポリパテは、硬化剤をちょっと多めに使い、パテ自体を柔らかい状態で使うと作業がスマートにいきます。。堅くなりつつある自宅在庫?のパリパテや、硬化剤を少なめに、硬くねったパテは巣穴の原因や、よけいなパテの研磨作業が起きてしまう。

ついでに言えば、サンドペーパーを掛ける際に、水を使って水研ぎが、粉は吹かないし、表面もきれいに作業できるのだけど、ここでやってしまう失敗もあるので、ちょっと注意です。

失敗とは??。。

サンドペーパーでパテを削るとき、手で直接サンドペーパーを持って、シャコシャコと研いでしまうケース。。このやり方だと、盛り上がったパテの部分と、うっすらパテが載った部分も、同じペースで削ってしまい、本来の余分な部分のパテのみを削ると言った本来の目的を外してしまいます。。

正解は?

サンドペーパーにあて木(小さな木片、何でもいい)を使い、パテを削ってゆく。

初心者は、あて木を使うと、手で直接サンドペーパーを持って削るより、削れて行く感触が良くないので、どうしても毛で直接サンドペーパーを使ってしまう場合があるけど、そもそも削れている感触が良いと言う事は、よけいな部分まで無神経に削っているともいえる。。

そーなると、出来栄えは悪くなり、またパテ盛っての作業をする事なる、あわててパテを盛ったもんだから、水研ぎの水分が乾燥不良の修復部がパテを受け付けず、剥離を起こす、、、もうどつぼ。。

なので、横着はいけません。。^^;。

022

ついでに修理中のどらヘル、、これは耳の部分の修理だったので、FRP修理の方がよかったのかもしれない。。

020_2

3個仲良く修復中。。。買い直したら凄い出費だ、、やっぱし修理だね^^;。

オウンリスクで、マイペース^^。

001

9月5日水曜日、、梨本さんの仕留められた、クマは栄養補充のためガストで舌鼓。。

でも、ZX10Rの速さは、あんなものではないはずなので、じっくりと研究しようと思う。。

フロントのサスは、セット変更で十分何とかなりそうな感じだが、いかんせんともしがたいのはリアサス。。

現状ノーマルセットで底着きしてるので、残ストが無い今の状況はプリロードで沈み込みの開始位置を変えても、底着きは回避できそうもない。。

フロントは、ノーマルセットでも底着きは無かったので、プリロードでフロントを上げる事が可能だったがリアはそうはゆかなそ。。

なので、今回はリアのコンプレッションを固めて行き、底着きでのリアタイヤへの負担度合いとの違い比べをしようと思う。。

明日、羽鳥湖に行くので、前回の水曜日と同じリアのセットで走行し、リアタイヤの荒れ具合を確認して、その後リアのコンプを半回転ずつしめてゆき、タイヤの表面変化を確認する予定。。

以前から、ZX10Rは、なぜかリアタイヤは峠なのに荒れて減ってゆく。。??

羽鳥湖では、このほかいくつかのハイパワースポーツ車両で走ったが、その時はすべての車両が、リアタイヤは、ほんと綺麗に減っていった。。

峠レベルでリアタイヤが荒れてしまうZX10R2011型は、案外カワサキとしては一般の峠とかで楽しむ程度を基準にしてサスの設定をしてるのかもしれない。

実際問題、。いままでZX10Rで羽鳥湖走ってきたが、加速のパートで不満は出た事がない、なので、昨日の一件(トミン)を境に、真剣に見つめて見ようと思います。。

明日は朝4時起きで福島羽鳥湖旅行?楽しんでこよう^^クマクマ。。

« ゲンゾウのお昼休み、しあわせをどうぞ^^。 | トップページ | 秋到来?大自然がいっぱいの羽鳥湖お茶会。 »

クマの整備日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499888/47000194

この記事へのトラックバック一覧です: お家でヘルメット修理する。その2、危険な香りもパテでうふふ。。:

« ゲンゾウのお昼休み、しあわせをどうぞ^^。 | トップページ | 秋到来?大自然がいっぱいの羽鳥湖お茶会。 »

よろしくね!

ぽちっとお願いします