2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« すねすね(´・ω・`) にゃ~ | トップページ | ポンちゃんラーメン。。まったりリラリラ。。 »

2012年7月28日 (土)

R2D2発進だ!完全復活リラックマFSXZX10R!感謝。

R2D2発進だ!完全復活リラックマFSXZX10R!感謝。

90馬力まで出力の落ちたZX10R。。まるで600SSのようなパワー感、、でも!工場長のおかげで完全復活!

大変でした、、逆車のメインコンピュータ交換(変化なしなおらず、、)エアクリーナープラグ総とっかえ、、(変化、、なし)インジェクター交換、、メインもプライも交換、、(変化なしダメ。。)

な~~んか、そいえば、静かな10R、、ちょっと目線を替えてダイナミック作戦!、、触媒なしサイレンサーなし直管状態で測定!

大爆音!!!ばっかーーーーーん。。。すげー状態だったらしい、、。。。

で、も、、パワー復活、超絶状態!

048
(わがXウイングの中枢をになうケロケロR2D2!、200キロオーバーでも大丈夫)

っで、結局だめだったのは触媒で、中見たらすっごい事になっておりました^^;。

060
まっしろになり燃えつきた、触媒。。。

じょー~~燃えつきちまった~~真っ白な灰になっちまった。。

056
灰になりハイになるリラックマ、、人工心臓?でっかいプレチャンバーイイ重さ。。

十分なパワーになり(ダイノで160馬力弱)実際に乗ってみて、戻ったパワーを試してみようと、高速料金2300円を白河インターにお布施して、いざ羽鳥湖^^。

049(刺さっております、、smile

暖気を済ませて、皮パンツ履いてさあ出発!アイドリングからして90馬力状態のときとは、全く違う10R、、クラッチはなすとスパッと動き出す、、些細なことだがちょっとあせる^^;。

まあ、ともあれぶいーーんと発進、、うふふエンジン音も、あきらかに大きくなり気分もかなりイイ感じ。。

最初の2往復はキイロトリのRVF400と、新緑を楽しむのんびりペースで走る、、ギアは6速固定で70キロ前後速度で走る、、。。これはこれで結構楽しい、、。。6速なのにちょっと、くいっとアクセル回すと、ずおーーーっと、簡単に速度をのせる10R。。こりゃ~~期待しちゃうな^^。

032_2

さあ、3本目!キイロトリは自分のペースで走ってるので、リラックマは修復完了の10Rの全力走行を試してみました。。(本当はサーキットでやった方が良いのですが^^;;。)

工場長の計らいで交換されたプラグやメインCPUは、気のせいか??いえいえひいき目にみてもエクストラフィーリングが解りやすいくらい感じるエンジンフィール!

10000回転までの吹けあがりも凄いが、やっぱり10Rは10000回転越えからが凄く、復調したリラックマ10Rは、あっという間にタコグラフのレッド表示に飛び込み、点滅しながらシフトアップを要求する凶暴さ!多分的だが8000回転から14000回転までの吹けあがりは1秒とかかっていない感じだ!

すごいぞZX10R!

前回に走った時は、回しやすさも手伝って、綺麗にコーナーを旋回脱出して直線で速度をのせて走れたので、最高到達速度(羽鳥湖湖畔)で170キロくらいは、幅の広い直線を利用して出たが、今回は一味違う。。。(完全非合法ですがね^^;。。。)

今日は土曜日なのだが、14往復して(片道10キロちょっと)対向車は10台以下、、なんかほんと風評被害そのまんま。。。バイクに至っては、なんと、、一台もすれ違う事なし、もちろん追いつく事もなし、、。休憩所の道の駅で2~3台のツーリングの人と、ちょっと喋った程度、、ほんと誰もいない静かな峠道。。

で、全力走行だ^^。

051
直立付近からいっきに速度をのせて行き、ちろっとメーター見ると198キロを表示している^^;!乗っているのだからメーター見なくとも、こりゃとんでもなく早い事はすぐ解ったが、まさか大台(200キロ)に迫るとは、、工場長に感謝感激アメあられ^^。。

っぱっぱぱーーーっと加速をしつこく試していたら、タイヤがとんでもない事になっていた。。。ちょっとやりすぎです、(反省。coldsweats01。。)

もっとも、羽鳥湖に到着し駐車場で着替えていたら、知り合いさんのVTR250(古い方^^)の方とばったりお会いして、ちょっと会話をしたのだが、、、。。これがちょっと厳しい話。。

今さっき、ここくる時、下りの最後で大転倒ありましたよ!救急車来てるし、パトカー来てるし、バイクもフォークぶんまがって吹っ飛んでバラバラ状態(カワサキの6Rの新車)

一緒に来ていた、ドカティーやZZR1400のひとも凄いあわてていて、現場は騒然としていますよ、、、とVTRさんもかなり興奮気味に教えてくれた。。

まあ、様子見てリラックマはちょこっと走るけど、VTRさんどうするの?っと聞いたら、走っていないけど今日は帰りますね!パトカーいるしなんか取り締まりあったらいやなんで^^;。っとの事、、、残念。。

ここは、それ、夫婦での強みで、、もしパトカーに止めらたら、にこっと笑顔で夫婦でツーリングです^^、、っと、そそくさと通過しちゃえばオッケーだろうと高くくって出発しました^^、、でもゆっくりと50㌔~70キロで、曲がりくねった道をじ~~~っと見ながら走っていると、聞いていた下りの最後に大きなオイルジミ、、、左の土手は大きくえぐれて、土や落ち葉が路上にまで散乱している、、。。

でも、6Rどころか、パトカーも関係者関連もなにもいない、、、、、。。。。素早い。。

まあ」、捕まることはなさそうなので、と言う事で走っておりました。。

多分の話ですが、この転倒は、直前にあるどぶのふた(グレーちんぐ)を高速状態でまたいで、ちょっと跳ねた状態で右コーナーに直面し、あわててブレーキ握って曲がりきれすに突っ込んだか、握ってすべって突っ込んだか?どちらにしても、かなりの速度で飛び込んだ様子。。(VTRさんの話だと、一見さんのようらしい、、どこの峠も一癖ふたくせあるから、しらない峠は観光程度がいいのですがね^^;;どうにもこうにも)

052
やっぱし、しれーーーっと早くなっているキイロトリ。。。。

リラックマみたいにハングおーーんなんて、おばか走りはしなけど、お尻半分ずらして、ひじを下げたフォームで走る姿は、自然でなおかつ安定感抜群。。

実際、速さ云々を追求しない分、力みが無く、一般のライダーには、まさしく手本的な走行スタイル。。

でもね^^;、3本目のリラックマ全力走行でも、片道5キロちょいを同時にスタートして、リラックマが一番下の砂利取り場をターンして、コーナー3個目にすれ違いcoldsweats01、リラックマはもっと先ですれ違う事を想定して引き離したつもりだったので、ちょっとびっくり^^;;!

この距離差は、羽鳥湖にくる峠走行のみの男性ライダーと同等程度の差なので、ほんとびっくり、、もっとも半数の峠ライダーは車線越えてリーンインで走っての早さなので同じ区間時間でも安全面では雲泥の違いが、、、。。。

053_2

無理せず、綺麗なキイロトリのリアタイヤ^^、綺麗に倒して、丁寧に開ける、、これだけのことだが、これが言うがやすしやるが難し、、、って感じだねchick。。

一般道路の峠道なので、コーナーは無理をせず、今日は唯一の直線を使い、ZX10Rの全力走行を堪能できました。。

最初こそ、パワーの戻った10Rは峠では、扱いにくくなるかな?パワーダウンのままの方が乗りやすいかな??っと、ちょっとびびりながらの走行だったですが、走ってみてはっきりしました^^。

はい!パワーは有った方が乗りやすいです、規制の無いパワーカーブの高出力の方が、レスポンスが良くて、ぱぱっとピックアップが付いてくると、リヤタイヤが潰しやすいので、後輪からの旋回感覚が豊かで、結果すばらしい安定感を出してくれます^^。

今度はちゃんと、トミンか那須あたりでブチまわしてみようと思います^^、。。こりゃーー峠じゃ早すぎですものね^^;。

最後。。

今日は工場長に乾杯ですねクマクマ^^。。

« すねすね(´・ω・`) にゃ~ | トップページ | ポンちゃんラーメン。。まったりリラリラ。。 »

クマの整備日誌」カテゴリの記事

コメント

あれだけパワー上がってればかなり体感できたんじゃないんですか?ピークパワーはもちろんですがトルクもかなり太くなってると思います!!多分前みたいにぱかっとアクセル開けたら多分ハイサイドでしょうね。。。

せっかくの新車ですから(しかも僕の中では高級車)気になることは何でも言ってください!!!どんな不具合も必ず原因があって修理できるはず!!うちはチューニングのプロはいませんが修理なら任せてくださいwww

那須のベスト更新の分析は大体できました!!今度は一緒にベスト更新目指しましょう!!!次こそ45秒台。。。

あっ焼酎ありがとうございました~

工場長さっそくのご閲覧ありがとうございます^^。

さっそく、伝家の宝刀を抜いてまいりました。。

ハイサイド、、グレイとな響きな単語、。。。

うふふ、実はリラックマは本日トラクションコントロールを2にしてはしっていました^^、(ハイテク保険)そのせいか、立ち上がりで滑る感じはほとんどなく、っずっずって感じは微妙に有るけど、っずっずーーとは行かないようです。。(こんど砂の浮いた駐車場で試してみようっと^^。)

那須の攻略っすね!これもいい響き、、つまるところはバイクのエンジン性能に合わせた旋回術がポイントとリラックマは考えます。。

パワーのある、4ストや、パワー感がしっかり出ているNSR250Rくらすなら、ピッチリとダブルクリップを使い、躊躇の無い加速がレーサーライクに速いだろうと見ています。。中途半端に旋回速度に頼るミニバイク的な走り方は、タイム削るのに神経も削るはめに、、(座布団いちまい!!)。。それほどタイムに貢献ないしね^^;。

映像を見る限り、無駄らしい無駄はなさげに見えるので、あとはスリリングなフロントが暴れるような加速も有りかもしれない、、ああハイサイド~~。。(ZX10Rはトラコンあるから大丈ブイ)

あとで遊びに(単なる営業妨害?)ゆきますね!

今日はホント、有難うクマクマでした。。

追伸。。。今日のブログネタはあくまで、小説やドラマの世界の話であくまで妄想です、けっしてまねをしてはいけません、、(湾岸ミッドナイト制作者談)ほどほどにだね^^;。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499888/46498014

この記事へのトラックバック一覧です: R2D2発進だ!完全復活リラックマFSXZX10R!感謝。:

« すねすね(´・ω・`) にゃ~ | トップページ | ポンちゃんラーメン。。まったりリラリラ。。 »

よろしくね!

ぽちっとお願いします