2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« バケツ風呂 | トップページ | リラックマ貸切走行?トミンでこそ練??うまい話に落ちもある。 »

2012年4月17日 (火)

リラックマ!マツダCX-5に乗りリラアックマ!!全力走行インプレ?

リラックマ!マツダCX-5に乗りリラアックマ!!全力走行インプレ?。。

。乗ってきました!新型ハイパワーディーゼルマシン!ちょっと見に行っただけだったのだけど、地元のディーラーと言った、ご近所感覚もあり、気が付けば相当な距離と走行内容だった、詳しくは、なるべくエコひいきナシで書きますのでお暇な方は読んでね。。

005


まずは見た目、かなり押しの効きそうなフロントフェイス、マツダ車って考えると、こいつはかなりの高額車両なので、日産のジュークやエクストレイルとは全く別物的な感じである。

まあ、デザインはその筋の方がコメしてると思うし、個人の主観が大きいのでその辺は割愛しましょうね^^。

まずは、今回の走行の内容。。

最初は、一般的な試乗コースでスタートしたのだけど、普通にはしりゃ、そりゃ新型の新車だもの、いいに決まっている、、乗り心地もいいし、まっすぐ走る。。そのまま5分くらい走るが、それじゃあ新型レーシング?ディーゼルの凄さは、な~~んも解らん。。

、、。。。。。~~~。。あのね、アクセル全開してもいい??。。

マツダの課長(スガイ氏)いいよ~~踏んじゃって!!

っと言われれば踏んじゃいますよリラックマ、、信号青になり新しい方の鹿島神宮橋を渡り始め、最初は40㌔位で一定に走り、橋を少し渡った位の位置からいっきに床までフラットアウト!ぐおーんと低い排気音をうならせながら、距離にして300メートル弱でいっきに150キロ近くまで加速、、おーーーーはえーー!!

前走車がいるので、いっきに減速!!ぶれないノーズダイブもほとんど感じないほど、しっかりしている。。

加速感はさすが40㌔近いトルクを2000~3000で発揮しているだけあり、この加速感は国産の280馬力車両に匹敵する凄さでもある。。久しぶりにシートにめり込む車に乗った気分でもあった。。

じゃ、こんどはコーナーリングとオートマの激攻め!

010

そのまま、神宮橋を渡りきり、スガイ氏のご厚意で今度は登坂力を試せるコースへいざ出陣!。。

うふふ、、そこまで約2キロちょい、勝手知ったる地元地理、田舎道なことを良い事にちょっと攻めさせていただきました。

アベレージは80キロから110キロくらいのスピードで、曲がりくねった田舎道をブレーキを多用しながらこなしてみる。。

さすがにディーゼル搭載のCX5はガソリンのCX5より70キロ重いせいか、じゃっかんの鼻の重さを感じる(できればバッテリーとかは後方搭載したいな、、)大型の19インチタイヤは剛性感が高く、しっかりトレースして走る、、もっとも純粋に走りに徹するなら17インチの方がバランスは良いかもしれない。。

その辺は購入時点にチョイスが可能なので、いろいろ本気に悩む事が楽しめそうだ。。

リラックマプラン。。

車高5センチダウン、。

高性能ホイール18インチにハイグリップタイヤ。

二本出しのカッコイイマフラー(スイフトスポーツみたいなのが良いな^^)

(やっちゃっていいなら、フルバケットいれて、ロールバー組んでミッションを変更して、車重も1510キロから最低200キロは削って、まさしくディーゼルレーシングエクスプレス!を作りたいね!)

015

そいでもって、オートマのチェック。。

CX5のオートマは、乗って思ったことだけどロックアップが優秀で、気持ち良く回転をひっぱって加速してその状態でロックホールドするので、いちいちギアが頻繁に下がる事がないので、人間の感性に忠実で、走ることが楽しくなりますね!

燃費重視やアンダーパワー車両は、かっくんかっくんシフトが変ってしまい、あれは嫌いだ。。

もっともそれはDドライブの話であって、リラックマがそんな緩い走りのままで終わる事はありません、、。。

そーです、オートマのセレクターを+-モードで切り替えて、全開走行(レッドゾーンまで分回した、、)

2!3!4!5!とアップセレクタを使い加速して120キロ付近から減速を開始しながらシフトを丁寧に5.4.3と落としてゆくと、きれいに回転をいなしながらエンブレを発生し、滑りこむようにアプローチ、!そのまま3ホールドで60キロほどで旋回し、出口から引っぱりレッドゾーンたしか6000回転ほどでシフトアップ、きれいに車速が乗って行きカチカチっとシフトチェンジが決まり、まるでゲーセンのイニシャルD?ッて感じで、かなり楽しい!!

こりゃ~~観光地の峠、(日光や箱根)なんかだったら、かな~~り楽しそう!、何よりトルクがあるから、早いんだなこれが!

013

余談だけど、実用燃費は15キロ前後らしい、もっとも高速道路では100~120キロくらで燃費を気にせず走っても17キロ前後は走るらしい。。

プリウスαが回生システムつかって高速道路だと20キロリッターみたいなので、1キロ走るコストはCX5のディーゼルの方が安い計算になる。。(6.9円たい7円くらいかな?)

もっとも、CX5のパワーと走行特性は、プリウスとは比べ物にならないくらい、凄い加速があり、追い越し車線をバンバン行けるし、タイヤとサスは燃費うんぬんじゃなくて、走る喜び優先?でこの燃費!、まさしく圧勝?と言わざる得ない凄い車だった。。

012

もっとも批評もしないとずるいので、ちょっと書くと。。

まず、内装の好き嫌いが分かれそう、最近のエコ車にような未来的なインテリア&メーターではない、エコチェックメーター表示こそあるが、どちらかと言えばシック思考?かな。。悪く言うと古臭い?

あと、最大の案件、、ちょっと偏見もあるコメントだが、。このCX5の価格はナビとかつけた一般的なパックでディーゼルタイプだと、乗り出し350万前後になり、この話を知り合いにしたら、いくら良くてもマツダ車に300万は高いだろう~~っと言われた。。

まあ買える、買えないは別としてリラックマ的には、満タンで1000キロくらい走れるCX5は魅力的だ、いまグランドハイエースをトランポに使い、旅行とかも行っているけど、バイクを積まない生活になるなら、燃費や走りを考えると、まじ買っちゃうとおもう。。

ハイブリっとは燃費いいのは解るけど、アクセル踏んでもすぐ加速しないで、コンピューターが介入してアクセルアシストしちゃうのは、まだまだ運転が楽しいな~っと、操縦を楽しんでいるリラックマはあのレスポンスのずれは、やっぱまだやだな~~。。

もっとも350万は高額だ、、

現状唯の冷やかしのリラアックマでした。。クマクマ。。

011


014


ちなみここで乗れます^^。

茨城県 潮来市 延方西1534-1

株式会社北関東マツダ 潮来店

0299-66-3288

良いコースで試乗できるので、CX-5を乗って試すなら潮来は最高ですよ!北浦のロケーションやのどかな田んぼ道?、渋滞の都会じゃあCX-5の良さは、解らないと思うよホント。。






« バケツ風呂 | トップページ | リラックマ貸切走行?トミンでこそ練??うまい話に落ちもある。 »

RRリラックマの頁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« バケツ風呂 | トップページ | リラックマ貸切走行?トミンでこそ練??うまい話に落ちもある。 »

よろしくね!

ぽちっとお願いします