2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 雨のスクールで… | トップページ | 挑戦 »

2012年2月28日 (火)

初心?セルフステア再確認&検証方、簡単楽ちん?

ああ、最近はキイロトリばかりが絶好調で、リラックマは不完全燃焼?

っと言っても始まらないので、先日の講習をのぞきながら、気持ち良く旋回させる方法とチェックを考えて見た。。もちろんサーキットスペックも良いが、ここはツーリングや峠などで有効な方法を書いてみようと思います(リラックマの、持論&実践で得たものなんで、参考程度でよろしくね

041

(FRP補修中のジェネレーターカバー、、。。準備ですね^^。)

バイクに乗った瞬間、悩む事、、それは、身構える自分がそこに居るのか?それとママチャリ的に感じる事が出るか?。

ママチャリ的に、感じる人は、飛ばして読んでね。。

身構える一。それは、いろいろ理由があるからです。。

まあ、足が付かないとかスーパースポーツだとか、重量車だとか、久しぶりだとか、いろいろあると思う。。

リラックマも、久しぶりに一般道路を乗ると、ちょっと身構えます。。

今回は乗る前に、感じる不安感は無視?して、走っているとき(コーナー)を考えてみます。

セルフステア。。良く耳にする単語。。ちゃんと出来ているかな~~。。

先日の講習でも、かなりの時間を費やして行っていたのだが、これがなかなか、分らん人には通じないのも実際だ。。

セルフステアが出来ている人は、ハンドルをこじらない。

確かにそうです、でもこじっていない状況って、判断ちゃんと出来ますか??

多分だが、ほとんどの人は出来ません、、。。特にスーパースポーツ系は難しく、やってるつもり、、スキーでたとえるなら、なんちゃってパラレル(足そろってると思いこみの人ですね^^;)のような状況が多い。。

やれる、やれないは置いておいて,検証方法を知っておきましょう(リッラクマ式)

両手放しで、コーナーを曲がりましょう、両手放しでメール打ちながら走りましょう、。。ポケットに両手を突っ込んで運転しましょう。。っえ!?危ない。。危ないです、、平らな一本道でママチャリ使ってやりましょう

まあ、本当は自転車で試すのが一番なのだが、自転車持っていない人もいるので、ない人のため、大型のバイクでも出来る方法を段階別に書いてみる。。

段階1

まっすぐの道、出来ればちょっと下り気味の道で、速度は50~60キロ位の状況を使い、きちんとシートの真ん中に座って、4速~5速で巡航し、安定したのを見計らって、そっと両手をハンドルから離してみる。。車両に問題が無ければ、な~んも起きずにまっすぐ走ります。これをチャンスがあればちょこちょこやってみて、不安が無ければ段階2に進む。

段階2

まずはまっすぐの道で速度、ギアは先程と同じにし準備しますが、今度はちょっとセルフステアに近付くための動作を行います^^、ではゆきますよ~~あなたの手はハンドルから離れました、そう今、両手放しです!!さあ勇気を持ってその手で燃料タンクをつかみます(どこでもオッケー)ハンドルは無人状態、、あなたを支えるのはステップとシートとタンクに添えた手のみです。。もちろんまっすぐ走ります。。(速度落ちたらアクセル握ってね^^)

段階3

あなたは今、両手放しでタンクを手でつかんでいます、バイクは自立して直進しています、この状況でタンクはしっかりつかんだまま、体を小さくで良いので、左右に振ってみよう、もちろん小さくですよ、それで十分なので、、、^^。、するとバイクはちょっとですが、ぐらつく事もなく左右に傾きます、この状況は多分ですが、乗れてない人がハンドルつかんでスラローム(小さなスラです)するよりも自然なフィーリングで、スラロームできます。(白バイ隊員はこの状態でフルバンクしちゃいます)この状況は、バイクの自立性がじゃましますので、あまり大きくは左右に振れませんが、これが出来た時点で、両手放しへの恐怖感は、ほぼ無くなったと思います。

段階3

さあ、ちょっと実践的にやってみよう(安全にやりましょう、責任はオウンリスクっすから)

直線で、手をタンクに添えて、なおかつ体を左右に振れる事を条件となりますが、今度は直線の後に大きなコーナーがあるロケーションでの実走行です^^。。

大きなコーナー手前でタンクを手でつかみ、そのまま曲がる方向へ体を少し傾けながらアプローチ(もちろん怖かったら、ハンドルをつかみましょう^^;)すると、タンクをハンドル代わりにバイクはアプローチを開始します、そのさい曲がる内側のステップに体重を乗せる感じで体を入れると、より効果的にまがります、、。。ここもポイントで、良くステップ荷重とかいいますが、実際にはステップに体重を乗せると言うよりも、体重を内側に移すのが目的で、その結果ステップを踏むなどと言った表現になるのが実際です。

成功すると、かなり自信が付きます。。さあつぎのステップ!

段階4

また直線での練習に戻ります。。さあタンクに手を添えましょう、、そして安定したら、その手をタンク後端(股間より)に移してゆきます、そしてその手のひらに体重を、ちょっとずつかけて行き、お尻をシートから少し浮かします、、まあその位でもう直線は終わりだし、速度も落ちていますので、そこで終わりにしましょう。」

段階5

さくさく、っとタンクの後ろに手を添えて、お尻もちあげたら、さらに腕を伸ばしてゆき、上体をおこしてゆきます、そこまでいったら、お尻もしーとから20センチくらい浮かしてつかんだタンクと膝のホールドで、安定させましょう(傍から見ると不格好^^;)

段階6

さまざまな事しましたが、準備できました、こっからは出来るとカッコイイですよ

シートに座って手をタンク後ろに添えた状況から、腕を伸ばしながら、お尻をシートから持ちあげます、完全に状態が起き上がるまで腕を伸ばし、まるで歩くチンパンジー?のような姿勢から、腰の付近でバランスを取ってステップを踏みこんで立ち上がります、この際に―グリップがしっかりはさむのが不安をなくすポイントです。

かなり見晴らし良いし、乗れてる!ってかんじです。

こ状況が、バイクと人間が一番干渉しない良い関係です。。

043

(切り出したFRPクロス、準備が肝心^-^。)

さてセルフステアに戻ろう。。

上記の段階6までクリア出来れば、交差点や峠以外の、ゆるやかなコーナーなら、タンクをてでつかんでのコーナーリングを使い旋回出来るでしょう^^。

このタンクをハンドル代わりに使う旋回を使い、緩やかなで50㌔前後のコーナーを曲がってみると、いろいろ試してみる事が出来、効果の是非を理解できるはずです。。

試す事1 体重を曲がる方へ入れるタイミング。

試す事2 体を入れる量(ステップに乗っかる体重加減)

試す事3 タンクをつかんだ手でタンクを、ぐいぐい曲げたい方向でこじる。。

試す事4 シートの座る位置を替えて見る。。

危険な挑戦? スタンディング手放しで、緩やかなコーナーを曲がってみる。

あとは、各自、やってみればセルフステアが理解できると思う。。。そもそもセルフステアはバイクが自ら曲がる行為で、人間がハンドル入力でやる行為ではないのです。

したがった4輪にはセルフステアによる旋回はなくて、4輪のセルフステアは停止中にめいっぱいハンドルを切っておいた状態から発進すると、クルクルっぴゅっとハンドルがまっすぐに戻る状態、これが4輪のセルフです。。

リラックマも、ここまで来るのに持論と練習(独学)で、やってきましたが、一般道路の乗りこなしや峠なら、やっぱりセルフステアは重要だとおもいます。。

リラックマ的、峠道セルフ練習&マシンキャラチェック法

ふる~~いつづらの峠は、危ないので、せめていろは坂くらいのコーナー半径を基準での話となります。。

まずは登ってゆきます、、普通に。。。上に着いたら深呼吸。。

では行きます。タンクつかんで、ギアは3速程度(怖い時は2速)に固定して、下ってゆきます、もちろんハンドルは触りません、、、。。っふクルン、っふクルンとリズムに乗ります。。

ドカは切れ込む感じがシャープで、国産スーパーは安定してるが、大周り気味、ネイキッドは、とにかく楽しい、、、アメリカン。。。一番手強いかも。。

これが出来るとマシンの特性(メーカーの設計思想)が一番良く分ると思います、、」

最後おまけ。。

両手放し練習法のツボ。。

マシンは、アメリカン、ネ一キッド、ツアラー、スポーツの順に実践しやすいです^^、(峠は逆)特に停車時の重さ以外はアメリカンの、どっかと座った後ろ乗りのポジションは、セルフ練習には最適で、アメリカンやスクーター乗りが、さっそうと交差点を曲げて行くのは、うまいと言うより、あのシートポジションが、自然に後ろのりとなりセルフステアを完成させています、エスエスは逆にかなり意識して行かないとハンドルこじります、特に最近の前乗り志向は、勘違いする人が多く、その辺も、苦手意識の原因だとリラックマは思います。

交差点で、そっと手を添える程度で旋回、、、セルフステア交差点旋回、、。。気持ちいいですよ。。久しく乗ったなどなら、まずは手放し遊び?でバイクとの距離を近づけましょう^^。

044


(一応完成、、あとは磨いてすちゃくだっちゃ、、クマクマ。。)

あくまでも、持論的、練習法なので、事故や転倒の責任は負えませんので、よろしくやってくださいね^^、、クマクマ。。

練習報告。。。

次回トミンは3/1日木曜日の午後に決定します。。

3月は那須はしるぞ~~たのしみだ^^、そっだ工場長みてる?6日は晴れるといいね!ファイナルは、当日確認のリラックマ号だけど、エンジンばっちりでぶっちぎり~~(死語?)ゆきますよ~よろしくねクマクマ

« 雨のスクールで… | トップページ | 挑戦 »

RRリラックマの頁」カテゴリの記事

コメント

今週は天気が悪そうなので、イメージトレーニングでもしときます…

頭の中では、26秒台なんですけどね〜(笑)

セルフステアやってみます!!今のところ5日雨。6日晴れです☆僕もNSRのファイナル見直すのに当日現場でやろうと思います(笑)

青のR1さんこんばんわ

今、雨降ってます、、、雪になるのかな~~。。

一応木曜に予定入れたけどあやしいですね、やっぱ週明けかな?。。イメージ26秒いいっすね~!気温や気合いやいろいろこの時期は難しいので、暇つぶしのごとく、消去法で探ってゆきましょう^^!、

そーいえば、最近タイヤの使い方でリラックマ勘違いが有ったようなので、次回試す予定です。

指摘してくれたのは、ダンロップのサーキットタイヤマン(JSBや全日本のプロのサービス)さんで、めからうろこでした

工場長こんばんわ

ファイナルお互い、気になるとこですね!(あたりはずれで1秒は確実に変わりますもんね^^)

セルフは意外と面白いですよ^^、コーナー旋回中、クリップ付近で握るグリップを、そっと離しても曲がらないのはセットの不良とタイヤのグリップ不足なので、その辺をうまくセットすると素早いターンが出来るみたいです。。

そーそーリアサスのコンプレッションと路面温度、新品タイヤは良く曲がる、、の関係がようやく、具体的な感じで見えてきました^^!アブレーションよさらば!ベストタイムいらっしゃいませ!、次回にまた、セット要領書き込もうと思います、クマクマ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初心?セルフステア再確認&検証方、簡単楽ちん?:

« 雨のスクールで… | トップページ | 挑戦 »

よろしくね!

ぽちっとお願いします