2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« どうなってるの? | トップページ | マロンケーキ »

2011年10月22日 (土)

私の大型二輪一発試験チャレンジ実録!本番その1

本番一回目

この日は、朝から天気も良く試験日和。初めてという事で、主人に付き添ってもらう。。
もちろん、準備運動も兼ねてバイク(CB400SF)で水戸試験場までいく。(約1時間)
受付時間は午前9時から…受付を済ませ今日のコースを確認。コースに向かう建物出口の上に電光掲示板が…大型自動二輪「Aコース」
教室に荷物をおろしさそっくコースを自分の足で歩きながら確認していく。
もちろん主人と一緒に…
 スタート位置につき、声に出しながら一連の動作を反復。(もちろんそこいはバイクがあることを前提で体を動かしながら)

133 「大型取ってこれが乗れるようになりましたずっと後だけど」


 …一番大事な事は試験官に対してのアピール。試験官はスタート地点からやや離れた建物の2階から確認しているのでオーバーアクションが必要である。ここで、カッコ悪いだの恥ずかしいだの言ってられない。
 試験官は大抵、元白バイ隊員であるらしい。あの白バイ隊員の動きをイメージしてメリハリのある動きをしなくてはならにのだから。…

しっかりと体も動かして前、後ろの安全確認を行う。で、覚えた通りの手順をバイクに跨り発進する所までしっかりとイメージさせる。

何故って…何事も最初が肝心人間第一印象でその人の見方が決まってしまう物だと思う多分なんだけど、バイクに跨るまでの間にバイクの運転技術以外の「大型バイクに乗るんだ」と言う心構えを見ているんだと思う。(これは、自分が試験を受けてみて感じたことです。試験官だって人間だし教習所でとれる時代になったせいもあって一生懸命の人に対してとそうでない人では物の見方がちがって来るんだと思いますよ。)

で、ようやく発進。「ぶるん、ぶるん。」て言いながら、コースを歩いていく。まずは、外周…以前も言った事があるのですが、教習所と違ってだだっぴろい。
んん~、良い運動!あまりにも遠かったので早歩き。だらだらしてたらコースまわれきれなくなっちゃうよー。
えっほ、えっほ。やってきました一本橋。んん~。緊張する―。まっすぐ前を見て、場になれる(無理!)。。(A;´・ω・)アセアセ どんどん緊張していくー。
主人からは「頑張る事無いんだから通過だよ。」と…はいはい、分りました。(;´д`)トホホ…
まだまだ先は、長いので先を急ぐ。どうにか1週…

まっ兎に角、一通り慣熟。後は、野となれ山となれーで…

試験の前に教室にて、試験の説明をまず聞きます。この日は、6・7名でした。事前審査の時にご一緒した方もちらほら。

試験官からコースの確認。「まず、スタートし外周に入ったらすぐに右折して一ブロックぐるっと試し運転していいですから。で、バイクの確認してください。ブレーキの効き具合見たりしてもいいですよ。この間は、試験外なので好きなことしていいですよ。あ、だからといっては対車線でたりはしないで下さいよ。で、本コースに戻ったらそこから又試験再開です。」と、とてもにこやかに話す。
その後も減点についてもろもろと…「最後に一本橋とスラロームですが、一本橋は落ちたらそこで終了。スラロームはパイロンに触れたら終了ですから。無理しないようにやってくださいね。頑張ったって落ちたりしたらそこで試験終了何ですからタイムが足らなかったりした場合は減点ですむのですからくれぐれも怪我などしないように。」と、とてもお優しいお言葉(今思うと 私に向かって言ってたのかも)が。コリャびっくりです。もっと厳しいものだた思っていたので違う意味拍子抜けでした。でも、何はともあれ昔とは違うと言う事が取るように分りました。

で、試験結果は、全員の走行が終了してからの発表です。

私の番は、4番目。順番が来るまで他の人の試験を見学。

見学しながら、主人が順番待ちの若い男性に話しかけてるー。「何回目なの?」
「4回目です。…」どうやら彼は大学生で自動二輪の運転経験は無く、普通車両の免許だけで、友達のスクーターを乗った事があるだけとの事で、学生さんが言うには、「僕が計算したところ教習所でかかる料金ですとここの試験代とここまでの交通費を入れたとしてももだいたい45・6回は試験を受けられるんですよ。それに、バイクは、貸してもらえるんですよ試験をやってる内に運転は覚えるとおもうし。…」とサラっと言われてしまいました(@Д@;。聞いているこっちが唖然としてしまいました。しかし、めっちゃ、前向き。
主人すかさず「で、うまく走れた?」  
学生さん照れくさそうに「やっぱり最初はうまくいかなくて、発進はガクガクしてしまうし、クランクでは曲がれずにあせってアクセルを開けてしまい芝生でこけました。」
おおー。あんびりーばぼーunbelievable
何か、学生さんのおかげで緊張もほぐれました。その学生さんはと言うと、しっかり完走です。。結果は、また後で。

ついに来たー私の番。ドキドキ
えーとー?スタートしてバイクの確認するんだっけ。もー余計な事を。そんなもんしなくていいからふつーに走らせてくれー…とぶつぶつ。
スタート地点と本コースの間の縁石の上にマークが。ここに立って挨拶をする。ピーンと手をあげ大きな声(自分に気合を入れる)で「キイロトリ。宜しくお願いします!」頭をしっかり下げる。

いよいよ始まるドキドキ。ヘルメットをかぶりグローブをはめる。「プルプルプル」緊張してグローブがうまくはめられずいつもより時間がかかる(A;´・ω・)アセアセ。
バイクに跨るまでの安全確認。念には念でいっぱい確認。(しっかり体も動かして前方・後方確認)約1週間、バイクで走るよりもいっぱい練習してきた。(だってー、昔はこの時点で帰された人もいたっていうんだから必死に練習したですよ~)


バイクを垂直にお越しまっすぐにしてサイドスタンドをはらいバイクに跨る。跨ったらフロントブレーキかけて。良し!ここまではOK!  ミラーを直す(もしあっていたとしてもミラーを直すふりをしないとだめだよ)  エンジンスタート!(しっかりフロントブレーキかけたままで)。  「ブルン、ブルン」  足を入れ変えてギヤをローに「ガチャン!」(もちろんフロントブレーキかけて)。  またまた前方・後方確認。  方向指示器「カチ、カチ、カチ…」後方確認(しっかり頭を動かす)。  クラッチもうまくつながりスムーズに発進  「ぶーー」…

ようやくスタートをきったキイロトリ!どうなる!
まだまだ先は長いので今日はここまで。


よくある失敗談。(中免持っていて試験から離れていた人がよくやる失敗)
「普段は、バイク乗ってからサイドスタンドを払うんだけど」これって
試験の時は、跨る前に払うんだよ。間違えないでね。この日もこれで落ちてしまった方がいましたから。残念。



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村




今日のにゃんこ~  だ~れ~だ

729

731
たぶん、ゲンゾウのお父さんでしょう。


ゲンちゃんは、甘えべた。

005

お父さんにくっつくのは嫌なの。

006

でも、枕は欲しいですにょ

« どうなってるの? | トップページ | マロンケーキ »

コメント

きゃ~~長編だ~今夜も遅いから明日読むからね。
ごめんね。今からお風呂はいってきますんで・・・・
ついでにおやすみなさい

この先どうなるかが気になります(^_^)

アピール大事って私も聞いたことあります
(^_^)

なんだか自分が試験受けてるみたいにドキドキしちゃいました。
自分だったら頭真っ白になって最初で帰ってくるかも。
車の運転免許取った時のこと思い出したわ。考えたら38年も前だったけれどね
げんちゃんはパパ似なんだね。

コンバンハ─゚+。d(`ゝc_・´)゚+。─ッ♪

頑張って~気をつけてくださいね

アバター髪が短く?お似合いです(^^ゞアセアセ

カブママさん
こんにちは^^。
そうなんです。特にバイクだとヘルメット被っているので、ちょっとぐらい頭動かしても試験官からは動かして見えないようです。
だから、アピール…と言うよりオーバーアクションかもしれませんね。
続きもがんばりますね(@´∀`)ノ。

レオママさん
こにゃにゃちは~^ω^。
( ´艸`)プププ 私は、頭真っ白の時間が長くて試験後、くらくらしちゃいました。
車も昔の方が難しかったと思いますよ。今年、娘が車の教習所に行きましたが簡単に取ってきましたよ。昔は教習時間オーバーするのが当たり前だったのにね。

ゲンちゃんなぜかパパそっくり。ママに似てるのは、くりくりのお目目かな。

マーガレットさ~ん
元気~(@´∀`)ノ
今、バイクに乗れないので大人しくしてます(。>0<。)。

(ノ∀`)・゚・。 アバター似合ってますか?うれしー。ありがとうございます。でも、本物は、もっと面白いのにー、なんちゃってー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の大型二輪一発試験チャレンジ実録!本番その1:

« どうなってるの? | トップページ | マロンケーキ »

よろしくね!

ぽちっとお願いします