2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 落とし前 | トップページ | ゲンゾウになんか負けてられないチンチラのももじ君 »

2011年8月26日 (金)

免許取りたて?膝すり日記&今日のゲンゾウ

よってらしゃい、みてらっしゃい。御用とお急げでない方は、よっといで。

* CBR1000RRリラックマ(ダンナ)のおはなし・おはなし~ *  

ぱちぱちぱち・・・・・ 

179

(文章と写真の関連性はありません、ちなみエンジンオーバーホール中のRR)


はじまりはじまり~


今日は天気も悪く、午前中は草刈りをしたのですが、午後は天候も悪かったので作文にいそしむことといたします^^。

その3です 

擦れた!擦れた??転倒した。。の巻(一般道です)

あれから半年弱、冬もなんとか乗り切って陽気も少し暖かくなりました、筑波山は年末も何度か走ったのだけど、勢いで走るだけから出世できず、走行スピードこそはやくなったのだけど、フォームはきれいな姿勢とは程遠く、、、。。膝、、ぇええ??なん~で~す~か??っとボケるしかない惨状のまま年を越しちゃいました。。

さあ、春だ、今年こそ膝すって峠を走るぞ!!競技方向の技術習得は必要ないけど一般道で、軽やかなライディング~ちょっとテンションアップだね。

今年のスタートは、服装からちょっと違う、なんと膝にプロテクター(樹脂製)に装着し、これで膝を出した時の、路面までの距離がちょっと近くなるのです,イッシシシッシ。。

553 (文章とは関係ありません、すごいロードクリアランスだ、、、。)

ット月日は流れ。。。。。。。

確か4月北茨城のオナハマ港近くの、峠道、ここは頂上付近の展望台まで、まがりくねった峠道があり、結構ペース良く走るナイススポット^^。だけどマイナーなのか難易度が低いせいか、峠族が集まるようなとこではありません、なんちゃってで、全然だめな自分にはちょうどの良いステージ、さっそく練習の成果を試すべく、ガーっと昇ってビャーっと下りるを繰り返す、、っお!32Z発見、、ロックオン突撃~~いくつかのコーナーを抜ける頃にはわが1000RRの加速力に恐れをなしたか、立ち上がりで失速したZ、一気に撃墜完了!!、そのままテンション上げ上げのまま、走りこんでいると昇りコーナー出口付近で、膝もとから衝撃が、、、!!、お!お!!!い、ま、膝すった??いや間違いなく擦ったぞ!苦労に苦労と試行錯誤を繰り返し、作為的?とは言え擦れたぞ俺はやったぞと感動に浸ってしまった^^;;、(うふふ、、実は立ち上がり付近で、道路に段差があり、ガツンっと突き上げられた瞬間、膝がゴン、、っと言ったカラクリだったのさ。)

って、テンション上げ上げのまま、山を後にして北茨城の里美を目指して出発移動、、その日は妻とツーリングを兼ねて走っていたので、1000RRとホーネット600の2台でまったりツーリング再開、、途中農協関連の物産販売所でお茶をして、おみやげの饅頭を購入して(これのおかげで、、、。)シートに付けたカバンに入れてブイ~ンと出発、、さあもう少しで本日2度目の峠道!!っと緩やかなつづら坂を2台で軽やかに走ります。

こっからはライブでどうぞ。。

ブ~~~ン、ウォンウォンウォーギュ~~ン。。

快調だぜ!今日は乗れてるぜ!!はらむ感じもしないし、なんか何もかもうまくゆきすぎてちょっと気味悪いくらいだぜ、、。

っお!下り右コーナーだ!行くぜアプローチ!左サイドにラインを定め奥から回り込むように進入開始!!

っえ??!!なぜか素晴らしいくらいなバンク角、、っというか、ケツの財布が路面に擦ってる!!ギョエー、、、、つまりオイラ転倒中??

ズビャバビャ~ガッガージョババ~~っいや~~痛いよー止まらないよ~、、、!!ドゴゴゴバリバリバリギョギョギョズビョリャーー(遠心力で左側の土手のふちに前後のタイヤがブチ当たり、さらに遠心力でバイクが起き上がり、あがった勢いで、そのまま左側の土手の左肩がガリガリ当っている状況)

ギャギャギャバリバリバリ、、、ウ~~ンウ~~ンクラ~クラ~~、、、、。

ッハ!!止まらねば(朦朧とした状況、かなり悲惨、、)っえい!フロントブレーキオ~ン

キューックックキュ!グワンドッシ~ン~~、、、、、、バタ。

ウ~~ン。。。(大の字で倒れていた^^;;。)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。、、・・


718_2 (さわやかな浴衣で、お楽しみください、、、。箱根です)

っあ!っえ??あれ??あ!-----、、。ぶっこけた。。

背後から見ていた妻の分析。。

左から進入を試みた1000RRっがしかし、その直後いきなりスリップダウンして、左端まで滑って行って土手にぶつかり、奇跡的に起き上がり、ミニ四駆のごとく壁走りして下って行き10数メートル走行後、止まる様な速度の状態で、いきなりジャックナイフで前転宙返り、、。てっきり意図的復活したと思っていたので、最後のジャックナイフは素晴らしく??だったわ。。っとの分析。

現場に戻ります。。

いててって、、、。

何が一体起きたんだ??あーー頭くらくらする、体中痛い動けない、、。

?えなに、、なに??なんだ。。(妻が呼びかけていたらしい)

う~~ん、ちょっとだめ横になろ~っと。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。、、。

数分後、、、。

いててて、、う~ん、、、。(起床しました、おはようございます)

ちら、。

ギョ、、!バイクバラバラガリガリ、、。うわ悲惨^^;;。。体痛いし。う~んバイク起こす元気もない、、。兎に角路面でひっくり返っていても危ないので路肩に移ろう~~。。

ずる、ずる、ずる、、。いてて、、ふ~。(数メートルだけどやっと道のはじっこに到着)

いったいどうなってんだ、、たしか良い調子でくだっていって、ブレーキかけながら右にバイクを倒した瞬間、いきなりこけたんだよな、、、。なぜだ??う~~ん。。ちょっと現場に行ってみよう、、いたたた、、。(かなりつらい、この時すでに妻は救急車を手配していた)

なんあだ~~この黒い路面、そして弧を描くように路面に書かれた一本のライン??まるで砂鉄をまいた紙の上に指でなぞったような感じの後、、、。スタスタサクサク,サク??ぬ?なんだこの路面??細かい砂利がコーナーの外側付近につもっている(良く見ると黒い砂鉄ではなく、路面に吹きだまった冬季にまかれるスリップ防止用の細かい砂利)じゃないか!!その数センチ積もったとこでブレーキングして一気に滑ってスケーティング、、そりゃ~すべってすべってすべりまくるよな^^;;。

テクテク、、てく。。(バイクへ戻る。)

ありゃ~、やっぱゆめじゃないよね~ひどいわコリャ、、。

フロントカウル大破、メーター粉砕(救急車きたとき、道のはっじっこでメーター発見が、無残)ハンドルぼき、右カウル全損、ステップ右大破、左曲がり、、、。お気に入りのキッスのジャンパーがボロボロ、ジーパンすだずだ、財布小破がっくし、、。

っが!テール回りはなんと無傷!?シートバックと中に入っていた饅頭がエアバック?代わりとなり、損害回避、(饅頭はピザのように、ぺったんこにつぶれていて衝撃の凄さを記録していた。。)

ピーポーピーポー救急車到着。。


291 (めでたすぎてバースデー??数年前に祝ってもらった手作りケーキ¥^^¥)

大丈夫ですか!(救急隊員)

お怪我ないですか!?、バイクもったいないですね!高そうなバイクだよね~!、、(おいおい、今はバイクの損害より、おいらの心配が優先じゃないんかい??)

じゃーーおおきな外傷はなさそうですが、かなり痛そうなので急ぎふもとの病院まではんそうしますね、ストレッチャーのります??(親切な救急隊員)

自分で乗れますので、大丈夫です(オイラ)

じゃ、ドアしめますね!(バン、がっちゃん扉がしまり、病院へゴー。。)

どうします??横になりますか?(救急車内)

いえ、いすで大丈夫です(オイラ)

そうですか、すぐつきますから我慢してくださいね^^。(ドライバー)

キッキ~~--キョキョキョ、ギュギュブブ~ングワ、、!!!ゴゴゴ(爆走する救急車の擬音)

大丈夫ですか??いますぐつきますよ~!!がんばって(救急隊員)

ハイ、大丈夫です、。(っく、、くっくっく、イ。タ。イ。。。踏ん張ると体中から激痛が、痛い、辛い。。。辛すぎる拷問だ。天罰かも)

オリャオリャ~(多分、運転はそんな感じ、、、。)

ブ~ンブロロン、、塙病院到着。

じゃ、病院は手配済みなので、お大事にしてくださいね(っと救急車はさっさと消えた)

ど~れどれ(病院の先生)

ふ~む、、、、んじゃレントゲンとろっか。。(そのまますぐ撮影、、パシャ。)

どこも折れて無いし、頭打った様子もないから、帰っていいよ、、、。(安心したような、おおざっぱさに不安になったような)

ありがとうございました(オイラ)じゃ帰ります(かえりに、すばらしくたくさんシップをもらった)

とは言った物、どうやって帰ろうかしら^^;;?う~~ん。(結構まだからだ痛いし)

もう終わったの??(あとから事故現場から病院へ到着した妻)早かったね、だいじょうだったの?。。

うん、なんでもないみたい、でも帰る足がないからどうしよう、、、そっだ載せってってよ600あるだからホーネットでもチョーオッケー(死語)でしょ^^。

冗談じゃなわよ、わたしにアンタのせて走れるわけないでしょ!!貸すからあなたが運転して2ケツで帰りなさいよ、、みため体大丈夫そうなんだから。。

う~~んまあ現実をみたらそーだよーねーーー。。わっかりました務めさせていただきますイテッテ。。

っといったわけで、バックステップ装着でタンデムステップなしのホーネットに2ケツで4時間かけて帰宅しました、(もうズタズタ、すべてにおいて悲惨。)

###今回最大の転倒理由は、わたし視力が、かなり低く(裸眼で0.1以下)コンタクトをしているのですが、走行時間がながいと乾燥してコンタクトを装着していても視力が下がってしまい、その結果、路面の状況確認に遅れが生じて、結果転倒っといった、ふつうならあり得ない状況を引き起こしてしまったのです。。っがし、か、し、、次回改造人間?で復活。

663 ニャ~ン。。

次回は、バイクには関係ない?かもしれませんが以下の題材でゆきます。

$$見えるぞ!凄いぞ別世界、レーシック手術リアル体験談。。で語ろうと思います^^;。

そーそー^^、自分の場合38歳から免許取って、チームやショップに走り方とうやセッティングを教わるわけでもなく、色んな事してさまよいながらやってきたので、共感してくれる方や完全な素人スタートで膝すりやサーキット走行興味あるかた、質問やコメントくださいね^^、、(プロやジャーナリストの説明って、走れる人目線な場合が多くて、本当に素人峠野郎の悩みは答えていない事って、結構昔から疑問に思っていました^^;。ずぶの素人がお答えします。)


前回 免許取りたて?膝すり日記はこちらdown 
http://rorenko.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/1-2.html


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ねこちゃん今日は、どうしたの?

005

よりによって、なんで、二人ともこんな狭い場所に?

006

おとうにゃんは、入れないにゃんよ。

007_3

ね~、おかあにゃん

004

おかあさんは、動けないは、暑苦しいは、重いは、いいことないですよ~ダcrying

にほんブログ村 猫ブログ MIXその他猫へ
にほんブログ村

« 落とし前 | トップページ | ゲンゾウになんか負けてられないチンチラのももじ君 »

クマの膝すり小説」カテゴリの記事

コメント

読んでてぞっとしました。
ドライブ中バイク事故何度も見てるし、部品が散乱して人が倒れている場面、
良くぞ無事に生還されましたね。
バイクは転んだら終わりですもの。
良く骨折もせず4時間もかけて帰ってきましたね。
バイクはどうなったんですか?
大破ですか?
私昔バイクと接触事故やってえらい思いしたので実は車運転中
後ろからバイクとか追い越して行かれる時びっくりする事あるんで
す。
とにかく気をつけてくださいね。
家の旦那も若いとき後ろのシートに乗っていて転んで背中すって
カラスの破片が背中中に刺さり今でも触ると中でコロコロ小さなガラスがあり爪で引っかいて堀出してあげます。
傷だらけの背中してますよヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

heart04レオママさん
ま~、「自分は、乗れてるぜ~イェ~」なんて思っていると災難が降りかかったりしますよね。
バイクって、挙動不審と言うか、急激に進路変更したりする人もいるので気を付けてくださいね。(特に都会のスクーターとかは特にこわいです。)


はじめまして\(o⌒∇⌒o)/

バイクが大破しちゃうほどの事故にも関わらず、お体が無事で良かったです~dash
ほんのちょっとの油断でも大事故ですものねsweat01
私もツーリング中に小さな段差に気づかずガクンとなって首を痛めてしまいました。2か月経ちますが未だに通院中です・・・shock
先週、AT限定からの限定解除をし、来月、ドラッグスターがやってきます。
運転はまだまだ不安ですが、これからしっかり練習していこうと思っています。

バイクの破損は(体もですねcoldsweats01)痛いですが、これからいい季節だしお互い楽しいバイクライフにしましょうv(。・ω・。)ィェィ♪
バイクは復活・・・かなsign02

heart04みっくんMamさん
お今晩は。はじめましてですー(◎´∀`)ノ
はい、この事故は、もう何年も前のお話なのですっかり直りましたが…いまや、サーキットでの練習機になりまして~今やあの頃の面影は無く~あっはっはっ!て感じです。( ´艸`)プププ

男は丈夫でいいですよ!あの後、けろっとしてまして、痛々しかったと言えば、6個入り大福もちがリヤシートバックの中にしまってありましてー、立て回転したバイクの全荷重をリヤシートバックが受け無残、大福もちは、一体化してあんころもちとなってしまいました。唯一の惨劇を物語る証拠品となってしまいました。もちろん、私と、娘で、「おとうさん、おいしいよー」と言いながら食べてあげました。

と言う訳で大福のようにならないように気を付けてね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499888/41370582

この記事へのトラックバック一覧です: 免許取りたて?膝すり日記&今日のゲンゾウ:

« 落とし前 | トップページ | ゲンゾウになんか負けてられないチンチラのももじ君 »

よろしくね!

ぽちっとお願いします